広島光(舞台俳優)と純烈・酒井一圭は親友?姉は水嶋カンナ?

こんにちは、ばーしーです!

日本テレビ系2018年10月期の「今日から俺は!!」でもかなり濃いめのキャラを演じていた佐藤二朗さんとムロツヨシさん。

このお二人の共通点は「今日から俺は!!」に出演していたということだけでなく、キワモノキャラが得意ということでもなく、実は劇団で腕を磨いてきたということを知る人は少ないかもしれません。

そんな劇団出身者で、最近ドラマに多数出演中の実力派”広島 光(ひろしま こう)”さんが注目されています!

いったいどんな経歴を歩んで来られたのか、さっそくチェックしていきましょう!

広島光プロフィール

まずはプロフィールから。

広島 光(ひろしま こう)

生年月日:1976年1月22日

出身地:東京都

身長:177cm

体重:57kg

特技:日本舞踊

Twitter:@hiroshima_ko

【芸歴】

94 年 4 月演劇集団円付属養成所に入所。基礎科、専攻科を経て 96 年 3 月に終業。
俳優、演出家の壌晴彦に師事。
98 年壌晴彦主 催の演劇倶楽部『座』に参加。
05 年より新宿梁山泊に参加

広島光さんは、ご両親が演劇の世界の方だったこともあり、幼少時代から馴れ親しみ、松田優作さん、萩原健一さん、渡辺謙さんに憧れ、高校卒業と共に演劇の世界に入ったようです。

広島光さんは、森田剛さん、宮沢りえさん、荒川良々さん主演で話題となっていた「ビニールの城」にも出演。

同舞台は、蜷川幸雄さんが生前最後に配役を手掛け、病床にこの台本を置いて復帰を目指していた蜷川幸雄さん追悼公演であり、その舞台にキャスティングされたというのは、実力派舞台俳優である証です。

最近では、窪田正孝さん主演の「唐版 風の又三郎」にも出演されていました。

広島光が所属する『新宿梁山泊』とは

新宿梁山泊は、1987年に金守珍を代表に結成された劇団で、「役者集団」「役者が中心となる劇団」というコンセプト。

劇団員には六平直政さんや、大鶴義丹さんがいらっしゃいます。

役者をやっていくうちに、だんだん泥臭い役者に憧れるようになっていったようで、30歳になった2005年より、アンダーグラウンドな空気感を持った新宿梁山泊に参加。

20186月から新宿梁山泊が芸能事務所・ケイパークと業務提携することになった影響から、舞台だけでなく、映像作品にも出演することが多くなり、僕らもテレビを通じて目にすることが増えたようです。

 

広島光の姉も舞台女優

ご両親が演劇の世界の方だったわけですが、広島光さんのお姉さんも、水嶋カンナさんという舞台女優のようです。

しかも、広島光さんと同じ新宿梁山泊の劇団員!

本当に舞台がお好きな家族だったんですね〜

それにしても、お姉さん、若いな〜

広島光は純烈・酒井リーダーと幼馴染

芸能界というのは狭いものなんでしょうか。

なんと広島光さんは、2018年の第69回NHK紅白歌合戦に初出場となった純烈の酒井一圭リーダーと親友なんだそうですよ!

小学校のとき、同じ団地の4階と5階に住んでいたみたいです。

https://twitter.com/sakai_kazuyoshi/status/1109634107061866496

広島光プロフィール

純烈・酒井一圭さんが言うように、これから映画でバンバンお目にかかれそうですね!

広島光さんのこれからのご活躍が楽しみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)