【動画】三浦春馬のFNS歌謡祭2019の歌唱力とダンスの表現力が鳥肌級?

こんにちは、ばーしーです。

FNS歌謡祭で見せた三浦春馬さんの歌唱力とダンスの表現力が話題となっていますね。

さっそくチェックしていきましょう。

三浦春馬の天才子役時代がかわいい!画像で現在と昔の若い頃を比較

三浦春馬が生放送「2019FNS歌謡祭(うたの夏まつり)」でドラマ主題歌を披露

ドラマ「TWO WEEKS(トゥーウィークス)(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)」の主題歌を、主演である三浦春馬さんが担当されています。

そして、2019年7月24日の生放送の『2019 FNSうたの夏まつり』での主題歌「Fight for your heart」のパフォーマンスが話題となりました。

放送後の三浦春馬さんのコメントはこちらです。

三浦さんは「緊張で吐きそうでした、ホントに(笑い)」と振り返り、「ただすごく良い経験になりましたし、達成感があります。また、城田(優)君をはじめ、皆さんからねぎらいの拍手をいただき、今までにない喜びを感じました」というメッセージを寄せている。

特番で披露した歌声やダンスにSNSで大きな反響が起きたことについては「ドラマに関心を持ってもらえるきっかけとなる表現になれば、という思いで始めたことなので、それはすごくうれしいですし、ドラマに興味を持ってもらう人が増えてくれたらいいなと思います」とコメント。

https://mantan-web.jp/article/20190726dog00m200068000c.html

いつもとは違う空間に緊張をされていたようですが、まったくそのようなことを感じさせないパフォーマンスでしたね。

今回『2019 FNSうたの夏まつり』で見せた姿は、三浦春馬さんのファンの方たちには、お馴染みではあったかも知れません。

しかし、多くの視聴者の三浦春馬さんのイメージは俳優のため、ネットからはその歌唱力と表現力にビックリした声が多く聞こえてきます。

三浦春馬の歌唱力やダンスの表現力が予想以上?ネットの声

たくさんの実力派ミュージシャンが出演するなか、突然の俳優・三浦春馬さんの圧倒的なパフォーマンスに、ネットからはこのような声が聞こえてきます。

いったいあの歌唱力や表現力は、どのように培われたのでしょうか。

三浦春馬の歌唱力やダンスの表現力はNY仕込?ミュージカル界を引っ張る存在に?

三浦春馬さんは2016年のミュージカル「キンキーブーツ」が大評判でした。

2018年冬にもFNS歌謡祭に出演をされ、当時も高い評価を受けていました。

このミュージカル「キンキーブーツ」では特に厳しい指導に耐えたようで、その経験が現在の三浦春馬さんの歌唱力や表現力を高いクオリティまで昇華させているようです。

「もともと舞台に立って歌って踊るのが好きだった三浦さんは『キンキーブーツ』出演にあたり、ニューヨークでシンディ・ローパーの専属トレーナーからの指導を受けました。そこでの厳しい指導に耐えた結果、舞台で喝采を浴びることに。そしていっそう歌とダンスのスキルを磨き、『ミュージカル界を引っ張りたい!』とまで考えるようになったといいます。今回のシンガー・デビューもミュージカルとは違うスキルが必要となりますが、逆に挑戦意欲が掻き立てられたそうです」

https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1759945/

今後は俳優業だけでなく、歌や踊りで活躍する機会が増えそうですね。

【動画】三浦春馬のFNS歌謡祭2019の歌唱力とダンスの表現力が鳥肌級?|まとめ

三浦春馬さんは俳優業だけでなく、歌唱力やダンスのクオリティも高い能力を持っているということがよくわかりましたね。

とくに2016年のミュージカルを経験することによって、その能力はより高いものになったようです。

今後は歌やダンスで目にする機会が増えそうですね♪

これからも三浦春馬さんの活躍が楽しみです!

三浦春馬の天才子役時代がかわいい!画像で現在と昔の若い頃を比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)