おっさんずラブ続編キャストに牧がいない理由はなぜ?林遣都が出演辞退しパラレル化?

「おっさんずラブ」の続編となる「おっさんずラブ-in the sky-」が、2019年11月2日にテレビ朝日系でスタートします。

しかし、このキャストの発表に多くのひとが落胆しています。

おっさんずラブ続編キャストに牧凌太(林遣都)がいない?パラレルワールド?

ヤフーニュースではこのように伝えています。

ドラマ「おっさんずラブ」の新作連続ドラマ「おっさんずラブ-in the sky-」が、11月2日にテレビ朝日系でスタートする。

新作の舞台は“空”。35歳にしてリストラされ航空会社「天空ピーチエアライン」でCA(客室乗務員)として働くことになったポンコツ独身男・春田創一と、“グレートキャプテン”と呼ばれるほど技術・人柄とも優れたパイロット・黒澤武蔵の恋模様が描かれる。

春田役の田中圭、黒澤役の吉田鋼太郎のほか、千葉雄大と戸次重幸(TEAM NACS)が出演。千葉は黒澤とペアを組む副操縦士の成瀬竜、戸次は整備士の四宮要を演じる。成瀬は優秀な若手だが性格にやや難があり、自分にも他人にも厳しいキャラクター。ストイックな職人肌の四宮は、公私ともに春田と仲良くしているが、実は“ある秘密”を抱えている男だ。なお春田、成瀬、四宮は同じ寮で暮らしている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190927-00000009-nataliee-movi

今回のドラマの舞台は、航空会社ということです。

続編となる「おっさんずラブ-in the sky-」には、田中圭さん、吉田鋼太郎さんのほかに、新たに千葉雄大さんと戸次重幸さんが出演されるとのことです。

しかし、前作で非常に重要や役どころを担っていた林遣都さん演じる牧凌太の名前がありません。

どうやら、今回のシーズン2の世界は、前作と同じ登場人物が別の世界に住んでいるというパラレルワールドとなっているようです。

今回の報道では、新作の詳細が発表されたという喜びがありながらも、牧凌太不在に対して、非常に残念に思うひとが多くいるようです。

なぜ、今回、林遣都さん演じる牧凌太はいないという設定になっているのでしょうか。

おっさんずラブ-in the sky-に牧凌太がいない理由はなぜ?林遣都が固辞?

おっさんずラブの続編に牧凌太がいない理由は、林遣都さんが出演に難色を示したからだという報道があります。

続編の決定に、主演である田中圭さんや吉田鋼太郎さんらが喜んでいるなか、林遣都さんはこのように反応したようです。

林だけは難色を示しているという。ある芸能プロ関係者によると「林の周辺が続編にあまりいい顔はしていないそうなんです」。
林が演じる牧凌太という役柄は、田中演じる春田創一を吉田演じる黒澤武蔵と取り合うという重要な役どころ。「おっさんずラブ」になくてはならない存在だが…。

「やっぱり役柄の印象が強くなりすぎることを懸念しているようなんです。林も俳優歴はそこそこありますが、田中や吉田と違って、これといった作品はない。むしろこの『おっさんずラブ』が代表作といっても過言ではないですからね。若い林にとって、ヒットはありがたいでしょうが、役者として柔軟性がなくなることを周囲が警戒するのも無理はありません。林の周辺は決して前のめりではないようです」と同関係者は続ける。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190910-00000003-tospoweb-ent

確かに、キャラクターが濃すぎるが故に、この役の印象が強くなりすぎれば、今後の俳優活動の足かせになるということも可能性としてはあるかもしれません。

瞬間的、短期的には出演するほうが良いとは思いますが、長期的に見るとネガティブに作用すると判断したようです。

このようなことから、続編のストーリーは、前作のパラレルワールドとして制作したようです。

この林遣都さんサイドの判断は、結果的に英断だったと言えるときは来るのでしょうか。

しかしながら、このような結果になったことに対して、ファンからは悲しむ声が多数聞こえてきます。

おっさんずラブSeason2に牧凌太不在にネットの声は?

おっさんずラブの続編に牧凌太がいないことを受け、ネットからはこのような声が聞こえてきます。

おっさんずラブ続編キャストに牧がいない理由はなぜ?林遣都が出演辞退しパラレル化?|まとめ

2019年11月2日にテレビ朝日系でスタートする「おっさんずラブ」のシーズン2である「おっさんずラブ-in the sky-」の詳細について発表がありました。

今回の出演のキャストについても発表がありましたが、そのキャストのなかに牧凌太演じる林遣都さんの名前がありませんでした。

牧凌太さん演じる林遣都さんがいない理由は、この役のイメージが付きすぎるのを回避したい林遣都さん側が辞退をされたような報道がありました。

そのため、今回の「おっさんずラブ-in the sky-」の世界は、前作のパラレルワールドという設定となっているようでした。

しかし、この発表に対して、多くの方からは悲しみや残念といったようなネガティブな声が聞こえてきます。

とは言え、前作以上に期待がかかる本作について、すでに注目を集めていることを実感しますね。

おっさんずラブ-in the sky-の放送が楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)