インハンド|山下智久の義手がかっこいい!ロボットハンドの理由は?【画像】

こんにちは、ばーしーです!

2019年4月12日(金)スタートのドラマ「インハンド」が話題ですね♪

最近は、漫画が原作じゃないものの方が少なくなってると感じるぐらいですが、ドラマ「インハンド」も漫画が原作になるものです。

さてさて、一体どんなストーリーなんでしょうか?

こちらの記事では、山下智久さん演じる紐倉先生の右手のかっこいい義手=ロボットハンドを、なぜ付けることになったのかについて、調べてみました。

義手=ロボットハンドがかっこいい山下智久主演「インハンド」のあらすじ

2019年4月12日(金)スタートのドラマ「インハンド」は、主演の山下智久さん演じる紐倉晢と、正義感の強い助手・高家春馬(濱田岳)と美人官僚・牧野巴(菜々緒)と共に、難事件を解決していくヒューマンサイエンスミステリー。

第一話は、このようなストーリーになります。

寄生虫学者・紐倉 哲(山下智久)は、関東近郊にある巨大な植物園を改造した自宅兼研究室に引きこもり、気のむくままに好きな寄生虫の研究をしている。人嫌いでドSな変わり者だが、博識で天才的な頭脳を持つ男だ。右手がロボットハンドの義手であるのも特徴である。
そんな紐倉のもとに、内閣官房サイエンス・メディカル対策室から牧野巴 (菜々緒)という美人官僚が訪れる。サイエンス・メディカル対策室とは、科学機関や医療機関で起きるあらゆる問題に対処するチーム。科学が進歩しグローバル社会になったことで、従来の概念を超える未知の病気や事件など様々な問題が起こっており、それらに対処するために設立された部署だ。そんなサイエンス・メディカル対策室に、匿名の告発状が届いたという。その内容は、ある病院で心筋梗塞により亡くなった複数の患者が、日本では滅多に見られないシャーガス病という感染症にかかっている可能性があるというもの。シャーガス病の感染者がもし本当に国内にいたら、大変なことになる。並みの医者や科学者では対応できないと考えたサイエンス・メディカル対策室は、牧野に寄生虫や未知の生物、病気にも詳しい紐倉のもとを訪ねるよう指令したのだ。好きな研究だけしていたい紐倉は役人への協力などまっぴらごめんだったが、牧野から出されたある交換条件に食いつき、力を貸すことに。紐倉と牧野は早速、感染が疑われる患者の処置をした医師・高家春馬(濱田 岳)に会いに行く。高家の協力も得て調べを重ねていくと、10年前に起きたある事件が浮かび上がってきて…。

シャーガス病というあまり聞きなれない病名ですが、中南米でみられる実際にに存在する感染症で、この病気に感染するのは寄生虫が関係するそうです。

そのため、寄生虫学者である紐倉晢(山下智久)に内閣が事件解決の相談をしたわけですね。

そして、そこから10年前の事件に結びついていくようです。

義手=ロボットハンドがかっこいい山下智久主演「インハンド」の原作

ドラマ「インハンド」の原作はこれまでに数冊漫画が発売されています。

まずは第一話のベースとなる「インハンド プロローグ1巻 ネメシスの杖」。

インハンド プロローグ1巻 ネメシスの杖【電子書籍】[ 朱戸アオ ]

価格:756円
(2019/3/31 21:47時点)
感想(1件)

次に「インハンド プロローグ2巻 ガニュメデスの杯」。

インハンド プロローグ2巻 ガニュメデスの杯、他【電子書籍】[ 朱戸アオ ]

価格:756円
(2019/3/31 21:48時点)
感想(1件)

そして、2019年3月に発売となった「インハンド」。

インハンド(1) (イブニングKC) [ 朱戸 アオ ]

価格:680円
(2019/3/31 21:52時点)
感想(0件)

第一話は「ネメシスの杖」がベースになることは間違いありませんが、何話まで引っ張るのかは分かりません。

ただ、クールを通して「ネメシスの杖」の話題だけというのは考えにくので、どこかで「ガニュメデスの杯」が入ってきて、最新刊「インハンド」の内容を盛り込まれてくるのでしょうか。

早く結末が知りたい!という方は、今回ご紹介の3作品をご覧になれば、ヒントが分かるかもしれませんね♪

紐倉哲(山下智久)が義手=ロボットハンドになったのはなぜか?

山下智久さん演じる主人公・紐倉哲は、不愛想で“ドS”な変わり者の寄生虫学を専門とする天才生命科学者。

そして、右手には黒い義手=ロボットハンドを装着しています。

紐倉哲自身にも隠された過去があり、右腕の義手にも謎があります。

回が進むごとにその謎が解けていくのでしょうか。

原作の漫画でも、なぜ義手=ロボットハンドになっているのかについては、明確に表現がされていません。

ただ、このようなヒントはあります。

「まだ慣れない」「リハビリ中」など、最近この義手=ロボットハンドとなったことを匂わせます。

そして、原作者の朱戸アオさんのブログにも、ヒントがありました。

紐倉晢はアメリカでゲノム研究として、バイオテロの捜査に参加したことがあるようですが、その犯人がどうやら紐倉晢の友人で、最終的にその犯人は自殺した。

どうやらこの問題が大きく関わっていることは間違いなさそうですが、どのようにして右腕が無くなってしまったのかまでは分かりません。

この原作を見る限り、身体的なものだけでなく、紐倉晢の心にも大きな傷跡を残しているようです。

紐倉哲(山下智久)の義手=ロボットハンドがかっこいい【画像】

山下智久さんだから、かっこ良く見えるだけなのかもしれませんが、義手=ロボットハンドがかっこいいんすよね。

黒光ってて、なんかテクノロジーの進化を感じます。

手首から着脱可能のようです。

義手=ロボットハンドが映ると、そちらに目が行ってしまうほどの存在感ですね。

山下智久さんご自身も、義手=ロボットハンドのかっこよさに惚れているようです。

形、色、フィット感を何度も調節していただいて、やっと僕の手になじむロボットハンドが出来上がりました。初めて手に装着した瞬間から、もう始まったんだという気持ちになりました。違和感もなく、かっこよくていい感じです。

インハンド|山下智久の義手がかっこいい!ロボットハンドの理由は?まとめ

山下智久さんのクールでかっこいい感じがそのままモロに出そうな2019年4月12日(金)スタートのドラマ「インハンド」。

一話完結型と言えども、毎回どんなミステリーに挑むのか楽しみです!

そして何より、なぜその義手=ロボットハンドを装着することになったのかについて、毎週目が離せませんね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)