山口真帆の反論ツイートのブレーンは誰?弁護士?次の反撃はいつ?

こんにちは、ばーしーです!

本日2019年3月21日、NGT48の山口真帆さんが2018年12月に男性2人から暴行される被害を受けた騒動について、運営会社AKSが第三者委員会による調査報告を発表する会見が行われましたが

その会見の真っ最中に、リアルタイムで反撃をした山口真帆さんのツイートが話題になっています!

さっそく、チェックしていきましょう!

山口真帆の会見中反論ツイート

本日2019年3月21日、新潟市内で山口真帆さん暴行事件の第三者委員会による調査報告の会見中というタイミングで、約2ヶ月半ぶりにTwitterを更新しました。

山口真帆さんのツイートからは、どうやらAKSの松村匠取締役の発言が、事実とは大きく異なることに、我慢ならなかったことが伺えます。

山口真帆の会見中反論ツイートのブレーン(バック)は誰?

この会見では、山口真帆さんご自身も、当初から期待できるものにならないことは、ある程度予想されていたのかもしれませんね。

それぐらいタイミングよく、あまりに的確なツイートで、ネット住民からは、もうすでに優秀なブレーンやバックに巡り会えたのでは?とウワサされています。

https://twitter.com/_hms/status/1109009981301362690

いくら有能であったとしても、巨大な力を持った組織に、たった一人で立ち向かうのは無理があります。

2019年1月からの山口真帆さん絡みのこれまでの経緯を、見るに見かねた心優しい経験値のある人間が、山口真帆さんのブレーンとなった可能性は高いと考えられます。

今回のツイートで、フォロワー数も16.5万人を超え、NGT48の中で最多となっていることからも、世間がAKSではなく山口真帆さんを味方していることが伺えます。

そんな山口真帆さんに手を差し伸べたブレーンは弁護士と考えるのが一般的な見方だと思われますが、一体誰なんでしょうか?

山口真帆の次の反撃はいつ?

ここまで世間を騒がしている事件で、かつ、相手がかなり手強いのを承知でブレーンとなっている弁護士ですので、相当な経験値を持つ方だと考えられます。

そうなると、次の一手は既に考えてあるはず。

一体どんな手段で相手を打ち負かすのか、楽しみですね。

きっとそんなに遠くない未来じゃないでしょうか。

山口真帆のツイートのブレーン(バック)は誰まとめ

2019年1月に発生した山口真帆さん暴行事件は、まだまだ終結しそうな気配はなく、泥沼化していますね。

まだ戦いは始まったばかりで、これから更にもっと大きな事件が明るみになりそうな気配も。

この事件、一体どんなフィナーレを迎えることになるでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)