内田眞由美が5,000万円も借金できた理由は?焼き肉店にAKS出資?

2019年11月29日放送のTBS系バラエティー番組『爆報!THEフライデー』で明らかになった、元AKBの内田眞由美さんの借金5,000万円が話題です。

【爆報!THEフライデー】内田眞由美が20歳で5,000万円の借金?使用使途は?

2019年11月29日のTBS系バラエティー番組『爆報!THEフライデー』の放送内容はこちらです。

元AKB48のメンバーでタレントの内田眞由美(25)が、あす29日放送のTBS系バラエティー番組『爆報!THE フライデー』(後7:00)に出演。AKBではセンターも務めた経験を持つ内田が現在、5000万円の借金を抱えていると告白する。

「ヘビーローテーション」が大ヒットした2010年、当時16歳だった内田は19枚目となるシングル「チャンスの順番」でセンターを担当。そのことで“ある悲劇”に巻き込まれ、突如、表舞台から姿を消した。それから9年、アイドルを辞めた内田が、5000万円の借金を抱えているといううわさを聞き、番組レギュラーの藤森慎吾が突撃取材を行う。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191128-00000368-oric-ent

「内田が現在、5000万円の借金を抱えている」との記載がありますが、この記事を読み進めると、以下のような記載があります。

内田はある出来事をきっかけにAKB48から引退することを決意する。華やかなアイドルの世界と決別した内田はその後、20歳という若さで5000万円もの借金をしてしまう。それはいったい何故なのか。新たな道へと彼女を奮い立たせた想いとは。新たな輝きに向けて進む内田の姿に迫る。

どうやら借金をしたのは、最近の話ではなく、20歳の頃で5年前になるようです。

いったい何があったのでしょうか。

内田眞由美の借金5,000万円は「焼肉IWA」の開業資金?

内田眞由美さんは、20歳の頃に「焼肉IWA」を新大久保に開業されています。

恐らくその開業資金のために、5,000万円もの借金をしたのだと思われます。

焼肉IWA


画像出典:mo-mo-town.com

AKB48内田眞由美がプロデュースする焼肉店。気軽に立ち寄れる活気のある雰囲気。定番の牛肉メニューや、焼き物などを食べられる。

 

この投稿をInstagramで見る

 

内田眞由美(@mayumi_mmm_)がシェアした投稿

「5,000万円」というとても大きな金額に圧倒されますが、まだ信用がない20歳にして、なぜ「5,000万円」もの大金を資金調達することができたのでしょうか。

内田眞由美が5,000万円も借金できた理由はなぜ?借入の信用や担保は実家の内田グループ?

借金「5,000万円」の内訳は以下のようになると思われます。

  • 開業設備資金
  • 運転資金

この合計として5,000万円を借り入れているかと思います。

確かに元AKBという非常に大きなブランド力を誇るわけですが、それだけで銀行がまだ社会的に信用のない20歳に「5,000万円」という大金を融資するのは非常にリスキーです。

内田眞由美さんのご実家は、精肉店や焼肉牛皇などを営んでおられます。

焼肉IWAも内田グループの一員です。

もしかすると、内田グループの何かを担保に入れることで「5,000万円」もの借金をすることができたのでしょうか。

また、このような話もあります。

「焼肉IWA」は銀行ではなくAKSが融資?

焼肉IWAがオープンした際、その制服を手掛けたのがAKB48グループの衣装責任者・茅野しのぶさんであるようです。

また、店舗内には、じゃんけん大会で優勝した際のトロフィーのレプリカや、AKBグッズを展示販売されていたという話もあります。

内田眞由美さんは元AKBなので、そのネームバリューでビジネスすること自体なんら不思議ではありませんが、引退後もグッズを販売するということには少し不思議に感じます。

もしかすると、焼肉IWAは銀行ではなく、AKSから融資を受けたという可能性もあるかもしれませんね。

内田眞由美が5,000万円も借金できた理由は?焼き肉店にAKS出資?|まとめ

2019年11月29日放送のTBS系バラエティー番組『爆報!THEフライデー』で元AKBの内田眞由美さんの借金が5,000万円もあったと話題になりました。

焼肉IWAの開業資金ではあるわけですが、若干20歳にして、なぜそのような額の資金調達が可能となったのか疑問を抱く方が多くいらっしゃいました。

真相はいったいどうなのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)