田中俊介脱退の本当の理由は?適応障害もボイメン休止中に俳優活動?

2019年11月30日、体調不良であった田中俊介さんがBOYS AND MENを脱退されるとの発表がありました。

脱退の理由としては、適応障害ということでした。

詳細についてチェックしていきましょう。

田中俊介がBOYS AND MENを「適応障害」で脱退へ

ヤフーニュースは以下のように伝えています。

 東海エリアを拠点に活動するエンターテインメント集団、“ボイメン”ことBOYS AND MENの田中俊介(29)が、きょう11月30日をもってグループを脱退するとともに、所属事務所フォーチュンエンターテイメントを退所することが公式サイトで発表された。田中は3月からグループ活動を休止していた。

公式サイトによると、昨年12月に「適応障害」と診断されたが、「完全に活動を休止せず出来る仕事は続けながら治療にあたりたい」と本人が希望したとし、医師の指導のもと、3月14日に「体調不良」としてグループ活動休止を発表しソロ活動を続けてきた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191130-00000338-oric-ent

2019年3月よりBOYS AND MENとしてのグループの活動を休止されていた田中俊介さん。

当時、体調不良という理由でそのような対応となっており、それからBOYS AND MENは10人ではなく、9人で活動をすることになっていました。

活動休止から9ヶ月弱で、結果的に田中俊介さんはBOYS AND MENを脱退することになってしまいましたが、その理由として「適応障害」という言葉がありました。

田中俊介ボイメン脱退の本当の理由は?「適応障害」でも今後も役者活動は問題なし?

田中俊介さんは、2019年3月14日に「体調不良」としてグループ活動休止を発表し、休養というかたちを取らずに、ソロ活動をされていました。

「適応障害」でも、俳優としての活動は何ら問題はなかったようです。

厚生労働省のホームページによると、「適応障害」は以下のような症状のようです。

適応障害は、ある特定の状況や出来事が、その人にとってとてもつらく耐えがたく感じられ、そのために気分や行動面に症状が現れるものです。 たとえば憂うつな気分や不安感が強くなるため、涙もろくなったり、過剰に心配したり、神経が過敏になったりします。

https://www.mhlw.go.jp/kokoro/know/disease_adjustment.html

「ある特定の状況や出来事が、その人にとってとてもつらく耐えがたく感じられ」とありますが、その特定の状況というのがBOYS AND MENとしての活動のことを指すのでしょうか。

田中俊介さんは、2019年3月14日以降も、このようにソロとしての活動をされておられました。

お元気な姿を知ることができます。

役者としての活動は問題ないけれど、BOYS AND MENとしての活動は適応障害の症状が出るということのようです。

BOYS AND MENファンとしては寂しいニュースですが、現在もお元気で役者としての活動に何ら問題がないのであれば、田中俊介さんファンとしては、役者としてもっと成功されそうな気配もあり、嬉しいニュースなのかもしれませんね。

適応障害というのは、こういうことだとすると、なかなか周囲に理解を得るのは難しい障害とも感じます。

田中俊介ボイメン脱退にネットの声は

田中俊介脱退の本当の理由は?適応障害もボイメン休止中に俳優活動?|まとめ


画像出典:geitopi.com

2019年11月30日、体調不良であった田中俊介さんがBOYS AND MENを脱退されるとの発表がありました。

脱退の理由は「適応障害」ということでした。

「適応障害」という言葉の重みに、芸能活動が続けれないのではと感じましたが、俳優としての活動にも影響はないようで、今後も活動は続けるようです。

BOYS AND MENの脱退については非常に寂しいニュースとなりましたが、田中俊介さんが俳優として更に成功されそうな気配で、これからが非常に楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)