今日から俺は(映画)嶋大輔はいつ何役でゲスト出演?工場長のセリフは一言? 

ついに「今日から俺は!!」の劇場版が公開となりました。

あっという間に終わってしまうほど夢中になる展開でしたよね!

余韻に浸りながら、エンドロールを見ると出演者に「嶋大輔」の文字が…

え? いつ出てた?

今日から俺は(映画)|特別ゲスト出演は誰?嶋大輔と杉本哲太!

公開日に2020年7月17日の日本テレビ「ZIP」で伊藤健太郎さんと橋本環奈さんが、大物ゲストが少しだけ出演すると予告されており、どんな方が出るのかと注目が集まっていました!

この特別スペシャルゲストは、嶋大輔さんと杉本哲太さんのことでした。

いったいどのシーンで出演していたのでしょうか。

今日から俺は(映画)|嶋大輔はいつ何役で出演?工場長でセリフ一言だけ?

嶋大輔さんは、テロップも出ておりましたので、イントロのナレーションで出演していたことは多くの方がご存知かと思います。

しかし、映画の中でも出演されていたんですね。

そのシーンはこちらです。

サトサガ”こと片桐智司(鈴木伸之さん)&相良猛(磯村勇斗さん)の開久コンビ。

この二人は開久高校を辞め、とある港町の工場で働いています。

するとそこへ、北根壊高校の番長の柳鋭次(柳楽優弥)と大嶽重弘(栄信)にシメられてしまった開久高校の二人が、片桐智司と相良猛の元へ助けを求めにやって来ました。

そのシーンの前で、片桐智司と相良猛に

「おい! お客さんだぞ」

と声を掛ける工場長らしき人物がいますが、それが嶋大輔さんでした。

出演者も気付かないレベルだとヒントがありましたが、ホントに少しだけのシーンでしたね。

今日から俺は(映画)|杉本哲太はいつ何役で出演?鎧を注意する管理人?

杉本哲太さんについては、どのシーンに出演されていたか多くの人は気付かれてますよね。

少し白髪を多く、ヒゲもあったため、少し分かりづらいと感じた方もいるかもしれませんが。

杉本哲太さんが出演されたのは、三橋貴志(賀来賢人さん)と伊藤真司(伊藤健太郎さん)が北根壊高校との対決に臨むために、何を思ったのか、夜の学校に忍び込み、甲冑とプレートアーマーを盗み出そうとしていました。

しかし、教室でザワつき過ぎたため、管理人に見つかり、盗み出すことに失敗しましたが、その管理人が杉本哲太さんでしたね。

盗みを止めるシーンは、なかなか賀来賢人さんのマスクが取れずに、思わず自然な笑いが。

しかし、あのようなシーンだけで杉本哲太さんを起用するというのは、何とも贅沢ですねー。

今日から俺は(映画)|嶋大輔と杉本哲太が出演した理由はなぜ?横浜銀蝿つながり?

嶋大輔さんが出演する理由は、すぐに分かりますよね。

三橋貴志(賀来賢人さん)と伊藤真司(伊藤健太郎さん)が歌う主題歌「男の勲章」が嶋大輔さんのカバー曲であることは多くの方がよくご存知かと思います。


では、杉本哲太さんはなぜ「今日から俺は!! 劇場版」に出演されたのでしょうか。

少し唐突な気がしますよね?

実は、嶋大輔さん、杉本哲太さんともに、横浜銀蝿の弟分という共通点があります。

横浜銀蝿はリーゼントの髪形にサングラス、ライダー革ジャン、白いドカンというスタイルで、「ツッパリ」「暴走族」といった当時の時代風潮に乗って、1980年代前半に一気に若者の人気のバンドでした。

今回の映画のエンディングテーマは横浜銀蝿の「ツッパリHigh Scool Rock’n Roll」です。


杉本哲太さんはバリバリのヤンキーだったそうで、横浜銀蝿に憧れていたそうです。

そんなヤンキー時代に、横浜でケンカをしていると、偶然、横浜銀蝿の嵐さんが通りかかり、ケンカを止められた。

まさかの憧れのひとにケンカを止められた杉本哲太さんは、すぐにケンカをやめ

「仲間に入れてください!」

とアプローチ。

そして、1981年に紅麗威甦(グリース)というこれまたゴリゴリのヤンキーバンドのボーカルとしてデビュー。


1984年には活動休止となってしまいますが、その後、杉本哲太さんは役者の道を歩まれ、現在に至ります。

現在の杉本哲太さんからは想像つきませんが、ものすごくヤンキーだったんですね!

「今日から俺は!! 劇場版」に出演されている意味がよく分かりますね。

ちなみに嶋大輔さんが、横浜銀蝿のコンサートを見に来ていたときに、マネージャーに声をかけられ横浜銀蝿の弟分としてデビューをしています。

今日から俺は(映画)嶋大輔はいつ何役で出演?工場長のセリフは一言? |まとめ

画像出典:sagitani-eiga.hatenablog.com

「今日から俺は!!」の劇場版が公開となりました。

どんな特別ゲストが出演されるのか話題になっておりましたが、嶋大輔さんと杉本哲太さんでした。

お二人とも横浜銀蠅の弟分としてデビューをされている、バリバリの元ヤンキーでしたね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)