ザ・バットマンのラストのGOOD BYE意味は?続編決定で公開いつ?

ついに2022年3月11日に公開となった
「ザ・バットマン」!

 

当初は、

ベン・アフレックが主演監督で
制作開始が発表されたもののまさかの降板。

 

そしてマット・リーヴス監督で製作が開始となると
今度は新型コロナウイルスの影響で
撮影が止まったり、

公開が延期になったりなど…

 

そしてようやく公開となった本作は
多くの人の期待を裏切らない作品となっていました。

 

そんななか、

多くの方が気になっていたのが

 

最後のクレジットのあとに出てきた

GOOD BYE<?>ってどいう意味?

GOOD BYE<?>が消えた瞬間見えたものは何?

ということでした。

 

この記事では
『ザ・バットマン』と『ジョーカー』の
関係がないのにつながりを感じてしまう共通点について
ご紹介していきます。

 

 

2022新作『ザ・バットマン』ラストのGOOD BYE<?>意味は?

映画のストーリーが終わり
クレジットが流れきったあとに登場したこちらの言葉。

 

GOOD BYE<?>

 

「GOOD BYE」と入力されたあとに
「?」が入るようなものでしたよね。

 

正確な意味は
公式で発表はされておりませんが、

サヨナラじゃなくて
続編あるよ

という意味と考えるのが普通ですよね。

 

そして、

「GOOD BYE<?>」のあとに
肉眼では認識しにく文字列が散らばって消えていきましたよね。

あれは劇中に登場したURLのようです。

2022新作『ザ・バットマン』ラストのGOOD BYE<?>のあとの文字の意味は?

「GOOD BYE<?>」のあとに
肉眼では認識しにく文字列が散らばって消えましたが、

あれは劇中に登場したサイトのURLだったようです。

 

アクセスしてみると
劇中と同じように文字が動き出します!

 

英語圏の方でないと難しいですが
なぞなぞになっているようです。

 

続編を匂わせる要素は
他にもこんなことがありました。

2022新作『ザ・バットマン』ラストのGOOD BYE<?>は続編決定?ジョーカー匂わせ?

計画が失敗に終わり
リドラーが刑務所で落胆しているシーン。

 

どこからともなく、

リドラーの気持ちを悟ったかのように
言葉が聞こえてきます。

 

観ている側としては
これはリドラーの声なのかと思うぐらい、

リドラーの心情を語る言葉でしたよね。

 

でも、

自らを「友達」と名乗り、

顔が映し出されましたが
見るからにジョーカーのような空気感。

 

少し口が裂けてるようにも見えませんでしたか?

 

2022新作『ザ・バットマン』ラストのGOOD BYE<?>は続編決定?公開いつ?

現時点で公式には
今回の「ザ・バットマン」が
何部作かになるかは発表されておりません。

 

ダークナイトトリロジーのときも
当初は3部作ありきではなかったそうです。

 

ただ、

今回のような匂わせがありながら、

続編がないというのは
少し考えにくいですよね!

2022新作『ザ・バットマン』ラストのGOOD BYE<?>にネットの声は

後日、ツイッターの声をお届けします。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)