小林幸子の網膜剥離の原因に驚き!50代以上なら誰にでも起こり得るリスク?

歌手の小林幸子さんが網膜剥離で手術を受けていたことが明らかになりました。

手術を受けなければ、失明する可能性すらあったとのことですが、小林幸子さんの網膜剥離の原因はなんなのでしょうか。

小林幸子の新居はどこ?世田谷4億円メガ豪邸はなぜ現在の自宅近くに?

小林幸子が網膜剥離で手術。失明寸前も早期の対応で回避

ヤフーニュースではこのように伝えていました。

 あわや失明の危機だった-。歌手、小林幸子(65)が右目の網膜剥離(はくり)を発症し先月24日、東京都内の病院で緊急手術を受け入院していたことが10日、分かった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191010-00000548-sanspo-ent

これは、恒例となっている故郷・新潟県での稲の脱穀作業に、眼帯を付けて訪れたことによって明るみになりました。

手術を行ったのは最近だそうですが、診断から手術までは非常に短いスパンであったようです。

  1. 9月18日 右目に蚊のようなものが見えるようになる
  2. 9月21日 病院で診察を受け、網膜剥離と判明
  3. 数日後 右目だけタピオカのような黒い粒がたくさん見えるようなった
  4. 9月24日 すぐに手術しないと失明すると宣告される ⇒ 入院

光が射すと目が痛むため、普段は眼帯をしているようです。

また、1.0だった右目の視力は0.07まで低下したようですが、術後の経過は良好で、徐々に視力も回復し、年内もしくは年明けに完治する見込みとのことです。

今回の小林幸子さんの網膜剥離ですが、どうやら50代以降の方には、普通に起こり得るリスクがあるようです。

小林幸子の網膜剥離の原因は?50代以上なら誰にでも起こり得るリスク?

小林幸子さんはこれまでに目の病気などにかかったことは無かったようです。

「目の病気をしたこともないし、視力も悪くはない。それなのに、担当医から『このままだと失明します』と言われ、びっくりしました」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191010-00000548-sanspo-ent

特に目に関わる病気などが無かった小林幸子さんが、急に失明寸前に追い込まれたのいったい何故なのでしょうか。

実は、網膜剥離は50代に多いようなのです。

中高年になると、加齢により硝子体(しょうしたい)と呼ばれる部分が変化して起こるのものが多いと言われています。

小林幸子さんは現在65歳で、それなにり年を重ねられており、今回の原因は加齢によるものだと思われます。

網膜剥離と聞くと、ボクサーなどの格闘家が殴られて引き起こされることが多いですが、実は加齢によって引き起こされることもあるため、誰にでも起こり得るリスクであるようです。

網膜剥離の症状には、以下のようなことが挙げられます。

  1. 視野にフワフワしたゴミか蚊のような影が見える
  2. 視野の隅に稲妻のような光が走る
  3. 視野全体がススがかかったように見える
  4. ものがゆがんで見える・見える範囲が狭い(視野欠損)・メガネをかえても視力が改善しない

https://www.gankaikai.or.jp/health/38/06.html 

小林幸子さんも、すぐに医師に相談したことで、網膜剥離発覚後、1ヶ月もしないうちに手術をし、回復に向かっています。

このようなことがあった場合、気にせいにしたり、放置したりせず、すぐに医師の診断の仰ぐことが非常に重要のようです。

小林幸子の網膜剥離にネットの声は

小林幸子さんの網膜剥離のニュースに、ネットからはこのような声が聞こえてきます。

小林幸子の網膜剥離の原因に驚き!50代以上なら誰にでも起こり得るリスク?|まとめ

小林幸子さんが、網膜剥離で手術を受けていたことが明らかになりました。

右目に蚊のようなものが見えるようになり、医師に相談をしたことで網膜剥離であることが判明しました。

ボクサーなどの格闘家の方が網膜剥離になったようなニュースは聞き慣れていますが、加齢によって引き起こされることもあるため、誰にでもあり得るリスクであるようです。

小林幸子さんは早期に対応したため、回復に向かっており、何よりでした。

これからも小林幸子さんのご活躍に期待です。

小林幸子の新居はどこ?世田谷4億円メガ豪邸はなぜ現在の自宅近くに?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)