NHKネット配信閣議決定!追加受信料は?メリットは?

こんにちわ、ばーしーです!

なんだか春が近づいた感があって

自然とポジティブな気持ちになる、今日この頃。

本日2019年3月5日、国民にとって

いいんだか、悪いんだかの

NHKネット配信の閣議決定が世間を騒がしています!

NHKネット配信と携帯料金値下げのW閣議決定

責められそうなことと、褒められそうなことを一緒にしてしまって

なんかうやむやにしてしまえば、責められそうなことが軽くなるんじゃないか。

と勘ぐってしまう「NHKネット配信」と「携帯料金値下げ」のW閣議決定。

https://twitter.com/Hiro84571305sky/status/1102763495387357184

追加の受信料はない予定

今回のNHKネット配信の目的は、2020東京オリンピックでの需要を受けてのものであって

国民から受信料をむしり取りたいという訳ではなさそうです。

表向きは。。

政府は5日、NHKによるテレビ番組のインターネット常時同時配信を可能にする放送法改正案を閣議決定した。今国会での成立を目指しており、NHKは2019年度中にサービスを開始したい考えだ。

現行の放送法では、同時配信は災害報道やスポーツ中継などに限られているが、法改正によって全ての番組を配信できるようになる。NHKは受信料を支払っている世帯の人であれば、ネット視聴のための追加負担は求めないとしている。

法改正の是非を検討してきた総務省の有識者検討会は同時配信を容認する一方、受信料の見直しや不祥事防止の徹底などを要請していた。

引用:共同通信

 

気になる追加負担というのは無いとのことで、まずはひと安心。

ネット上では今後の受信料に不安の声多数

今回のNHKネット配信の閣議決定を受けて

ネット住民の方からは

テレビを持ってる持ってないから

スマホを持っている持っていないになってしまい

ほぼ全国民が受信料を取られてしまうやないか!

と心配の声が上がっています。

実際、悪い方向に考えれば、そうなっちゃうかもと思ったりもしますが

そんなことしたら、流石に国民から大ブーイングで

現在の安定の政権を以ってしても

ちょっと無理ゲーだと思います。

でも、ここで怪しいのが

本日閣議決定されたもう一つの

携帯料金値下げ。

政府は、携帯会社各社に対して値下げを要求していますが

「値下げはそんなにしなくても良いよ。

でも、携帯の契約時にNHKネット配信も

同時契約が必須なかたちにしてね。」

的なこともあったりして、、

NHKネット配信によるメリットは?

NHKネット配信によって

ネガティブな話題ばかりが先行しておりますが

メリットだってあるんですよ!

2019年度のサービス開始を狙っているその先には、2020年の東京オリンピックがあります!

iモードの生みの親である夏野剛さんは、このような期待を寄せています。

「NHKがFIFAに対し、テレビだけで流すのはもったいないし、放映権料を買っているんだから、ネットでも流させてくれということをきちんと主張したことが大きい。NHKのネット配信には、画面を4分割する機能があり、監督をずっと映している映像や、ゴールの後ろ側から撮っている映像を組み合わせて見ることができた。ここまで自由なことはテレビだとできない。また、ワールドカップ関連番組をネットでやることによってアプリのダウンロードが増えたし、民放も解説番組をネットで流した結果、Tverアプリのダウンロードが増えたという面もある」

引用:AbemaTIMES

実際に、W杯のアプリはかなり秀逸で、評判良かったですよね。

サッカーだけに関わらず

他の競技でも、マルチアングルはかなり興奮しそう!

ウェラブル系のテックも相まって

審判とか、競技によっては選手とか、道具のカメラとか

これまでに無いオリンピックが楽しめる可能性がありますよ!

でも、スポーツファン以外には、あんましですかね、、

NHKネット配信閣議決定まとめ

実際、NHKネット配信の閣議決定の目的は

ネット住民の方々が言われるように

全国民からの受信料徴収なんでしょうか。

そうであるならば

国民が納得できるだけの先ほど挙げたこと以上にたくさんのメリットがあるはずです!

期待しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)