丸山穂高除名!国会で懲罰や剥奪は?無所属で衆議院議員を続ける?

こんにちは、ばーしーです。

日本維新の会・松井代表が、早速結論を出されましたね。

ロシア側にも今回の報道が伝わってしまっていることから、早々に結論を急ぐ必要があった中、丸山穂高衆議院議員を早速除名としました。

この除名処分を受けて、丸山穂高さんは今後どのような動きを取るのか注目されています。

関連記事 > 丸山穂高議員辞職と謝罪会見はいつ?過去にも飲酒トラブルで禁酒?

日本維新の会・松井一郎代表は丸山穂高議員を除名する意向

これまでも政治家が言葉狩りのような形で辞職に追い込まれることを、何度も見てきましたが、今回の丸山穂高議員の戦争発言に関しては、これまでのとはレベルが違いすぎだと感じている人が多いようです。

丸山穂高議員の発言は海を超えて、すでにロシア側にも伝わっていて、現在は大きな問題にはなっていないようですが、国会議員の発言と取られ、今後の様々な取引に、悪い影響を及ぼすと予想されます。

そんな中、この戦争発言が非常に問題であると捉えた丸山穂高議員が在籍する日本維新の会の松井一郎代表は、早速、丸山穂高議員を除名する意向を固めたようです。

日本維新の会の松井一郎代表(大阪市長)は14日、ロシアに実効支配されている北方領土の「戦争による奪還」に言及した丸山穂高衆院議員(35)=大阪19区=を除名する意向を示した。

市役所で記者団に語った。

丸山氏は経済産業省出身で当選3回。10日から北方領土の「ビザなし交流事業」に参加し、訪問先の国後島で元島民に対し「戦争で島を取り戻すことには賛成か」「戦争しないとどうしようもなくないですか」などと発言した。酒に酔っていたという。

丸山氏の発言に対し、党内から厳しい処分を求める意見が出ていた。

http://news.livedoor.com/article/detail/16455994/

まずは除名ということですが、あくまで日本維新の会から除名となっただけで、現在のところ、議員辞職とまではなっていません。

日本維新の会を除名処分!丸山穂高は衆議院議員を辞職するのか?それとも無所属で辞職しない?

丸山穂高議員は一連の騒動で日本維新の会を除名処分となりましたが、衆議院議員は辞職されるのでしょうか。

今回のような国際問題にまで発展しているケースは記憶にはありませんが、これまでも党から除名されてもなお、議員を続けられてきた方もいます。

こちらは別の方が除名処分となった時の記事の引用です。

除名処分となっても、議員は続けられるのかについて記載があります。

「結論から言えば、法的には問題なく議員を続けられます。

衆院選の比例代表で選ばれた議員が、選挙の際に所属していた政党以外の政党に所属した場合は、議員資格を失うことがあります(公職選挙法99条の2、国会法109条の2)。

しかし、上西議員は、維新の党から別の党に移るのではなく、今後は無所属で活動していくようですから、このルールには抵触しません」

作花弁護士はこのように述べる。なぜ、そのようなルールになっているのだろう。

「そもそも国会議員は、投票してくれた一部の人の利益を代表する存在ではなく、『全国民を代表する』存在とされています(憲法43条1項)。つまり国会議員は、選挙で当選して国会議員になった以上は、政党や支持母体に関係なく、国民全体の利益を考えて活動することが求められているのです。

そのため、いったん選ばれた議員は、もともと所属していた党を離れても、議員としての資格が原則保障される制度になっています。議員資格を奪われるのは、あくまで例外です。

国民の中には『おかしい』と考える人もいるかもしれません。しかし、支持母体の拘束を受けることは、支持母体の利益にはなるでしょうが、必ずしも国民全体の利益になるとは言えません。

仮にその議員が国民全体の利益を考えて行動したところ、支持母体の方針に反して除名されたとしても、国会議員としての身分は維持されるべきだ、というのが憲法の考えです」

丸山穂高議員は、これまでも何度となく、ビッグネームの著名人とTwitter上で戦ってきました。

ある部分、炎上商法とも呼べるようなやり方に、周囲から支持されているようには見えませんでしたが、持ち前の強心臓で、これまでにも大きな壁に戦いを挑まれていました。

それを考えると、今回の件で、辞職することで責任と取るということではなく、残りの任期を全うすることこそが責任だと言う可能性もなくはない気がしますね。

でも、そんなことをしても、国民の怒りは沈まらないため、国会で何かしら懲罰や議員剥奪などが審議されるのでしょうか。

今後の動きが注目されます。

丸山穂高の除名処分は辞職勧告?無所属で衆議院議員を辞めない?|まとめ

ロシアにはこのようなコトワザがあるようです。

「しらふの人は頭で、酔った人は舌で(しらふの人は頭で考えるだけだが、酔った人は口に出してしまう)」

つまり、今回、丸山穂高衆議院議員は、酒を飲み、酔ってしまっていたからこのような発言をされたようなことを言っておりますが、それこそが丸山穂高議員の本音を口に出しただけだと、ロシアで批評されているようです。

丸山穂高議員は、この後、どのような動きを取るのでしょうか。

丸山穂高議員辞職と謝罪会見はいつ?過去にも飲酒トラブルで禁酒?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)