週刊ポストの韓国要らない特集は表現や言論の自由?炎上後の謝罪不必要?

こんにちは、ばーしーです。

2019年9月2日発売の週刊誌「週刊ポスト」が炎上していますね。

すぐに謝罪をいたしましたが、この騒動に一部では「表現の自由」ついて議論されています。

さっそくチェックしていきましょう。

「韓国なんて要らない」が炎上?なぜ週刊ポストだけが非難される?

ヤフーニュースではこのように伝えています。

「週刊ポスト」は2日、同日発売の同誌特集「韓国なんて要らない」の一部内容が、誤解を広めかねないものであったとして、同誌のウェブサイト「NEWSポストセブン」に謝罪文を掲出した。

同誌編集部名義での「週刊ポスト9月13日号掲載の特集について」とした文面で、「週刊ポスト9月13日号掲載の特集『韓国なんて要らない!』は、混迷する日韓関係について様々な観点からシミュレーションしたものですが、多くのご意見、ご批判をいただきました」と物議を醸した経緯を説明。

そのうえで「なかでも、『怒りを抑えられない「韓国人という病理」』記事に関しては、韓国で発表・報道された論文を基にしたものとはいえ、誤解を広めかねず、配慮に欠けておりました。お詫びするとともに、他のご意見と合わせ、真摯に受け止めて参ります」とした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190902-00000122-dal-ent

広告や表紙には「韓国なんて要らない」というキャッチコピーが踊り、韓国人は怒りを抑えることができないなどの特集をされていました。

このような特集は、良いか悪いかは別として、他の雑誌でも取り上げられることがありますが、なぜ、週刊ポストだけが非難をされているのでしょうか。

また、先日のあいちトリエンナーレで表現の不自由展が中止に追い込まれたときの反論なども踏まえ、今回の騒動に対して、ネットからはこのような声が聞こえてきます。

週刊ポストの韓国要らない特集は言論や表現の自由では?謝罪の必要あった?

今回の週刊ポストの騒動を受けて、ネットからはこのような意見がありました。

週刊ポストの韓国要らない特集は表現や言論の自由?炎上後の謝罪不要?|まとめ

2019年9月2日発売の週刊誌「週刊ポスト」の、韓国なんて要らないという特集が炎上しました。

確かに、配慮の欠く内容であったかもしれませんが、他の雑誌でも同じような強めの表現で嫌韓感情を煽るような特集がされているなか、なぜ週刊ポストだけが今回炎上したのでしょうか。

ネット上では、今回の炎上につい先日炎上をしていたあいちトリエンナーレの件を挙げて、これも言論や表現の自由なのでは?という声が多数聞かれました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)