早稲田実業の不祥事は性的なハレンチ動画拡散?内容は公表できないレベル?

2019年9月14日に高校野球の強豪・早稲田実業が、突如として秋季大会の出場辞退を発表されていましたが、辞退の理由が明らかになりました。

さっそくチェックしていきましょう。

慶應大学アメフト部の不祥事は盗撮?マネージャーへの不適切行為で活動自粛?

早稲田実業の不祥事は何?性的なハレンチ動画拡散で辞退?

文春オンラインでは以下のように伝えています。

 9月14日、高校野球の強豪・早稲田実業が秋季大会の出場辞退を発表。その理由は野球部員による「性動画」の拡散だったことが、「週刊文春」の取材で分かった。

同校は、「ご報告とお詫び」と題した文章をHPに掲載。だが、その理由については「複数の硬式野球部員に問題行動があった」と記すのみだった。

「早実は、辞退の理由について『教育上の観点から答えられない』と詳細な説明を避けています。学校の対応に疑問の声が上がる一方、『公表できないほど危ない話なのか』と動揺が広がっている」(スポーツ紙記者)

早実の野球部関係者は匿名を条件にこう明かす。

「辞退の原因は、部員がハレンチな動画を撮影し、それを別の生徒が学内で拡散させたことでした」

早実は「週刊文春」の取材に対し、「ご質問につきましては、教育上の観点および関係者への配慮により、お答えできかねます。なお問題行動につきましては、引き続きしかるべき対応を取って参ります」と回答した。

https://bunshun.jp/articles/-/14157

2019年9月14日に突如として秋季大会の出場辞退を発表していた早稲田実業高校野球部でしたが、当時よりいろいろな噂がささやかれていました。

そして、今回、正式な衝撃的な発表がされました。

部員がハレンチな動画を拡散したということですが、いったいどんなレベルのものなのでしょうか。

早稲田実業野球部員が拡散した性的なわいせつ動画の内容や詳細は?公表できないレベルとは?

ハレンチな動画を拡散したという事実は伝えながらも、内容については教育上の観点から公表できないとのことでした。

恐らく、相当なレベルの性的な動画であることが予想されます。

今回の文春オンラインの報道の前に、今回の辞退の原因となったことに関わっているのは9人の部員だったと報じられていました。

この9人が拡散した動画は、どのようなものであったのでしょうか。

以前に、このようなショッキングなニュースがありました。

「今秋ドラフト1位」あの大学エースが「ホモビデオ」に出演
記事の中では「投手・A」とされ、個人名での表記は避けられたものの、同年の夏ごろより「多田野にそっくりな男優がゲイビデオに出てる」との噂がネットで流れていたこともあり、ほとんど実名報道されたも同然でした。ちなみに、出演作のタイトルはその名も『真夏の夜の淫夢』。

https://news.livedoor.com/article/detail/12381598/

当時、立教大学に所属していた多田野数人投手が、いかがわしいビデオに出演していた過去があったことが報道されました。

今回の早稲田実業高校の不祥事が、この多田野数人投手と同じであるかは分かりませんが、衝撃度としては同レベルにあると思われました。

実際には、ある部員とその彼女の性行為が数名に拡散されたというものでした。

ある部員A君とB君が、C君のiPhoneのロックを無断で解除し、そのなかにあった先程の動画を数名でAirDropを使って共有したとのことです。

そこから何名の人に共有されていったのかは不明ですが、SNSで拡散した場合は、恐らく通報などで削除されるため、この動画を閲覧するということは難しいと思われます。

このようなことで秋季大会を辞退、そして、学校のブランドを傷つけたということは非常に残念ですね。

早稲田実業の秋季大会辞退理由にネットの声は?

今回の辞退理由の発表に、ネットからはこのような声が聞こえてきます。

早稲田実業の不祥事は性的なわいせつ動画拡散?内容は公表できないレベル?|まとめ

早稲田実業高校が秋季大会を辞退した理由が明らかになり、話題となっています。

辞退理由は部員9人による性的な動画の拡散ということでした。

その内容については、教育上の観点から公表できないということでしたが、ある部員とその彼女の性行為動画であったようです。

ある部員のイタズラで拡散されてしまい、結果、秋季大会辞退、そして、学校のブランドを大きく傷つけたということは非常に残念ですね。

慶應大学アメフト部の不祥事は盗撮?マネージャーへの不適切行為で活動自粛?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)