八ッ場ダムの試験湛水開始で台風19号の被害最小限も、民主党政権時代を思い出す声

2019年10月12日、台風19号によって各地で甚大な被害を受けました。

大規模な水害があったエリアもありましたが、今回、八ッ場ダムが試験湛水のおかげ被害が最小限に抑えられたのでは?と、多くのひとの感謝の声が聞こえてきます。

【動画】多摩川氾濫の可能性は?台風19号の影響で記録的な雨量を観測

【八ッ場ダム(やんばダム)】試験湛水開始で台風19号の被害最小限に

各地で川が氾濫し、それにより冠水してしまう地域もありました。

東京でも氾濫による冠水が心配されていましたが、なんとか被害を最小限に抑えれました。

そのような結果になったのは、八ッ場ダムが試験湛水を開始したからでは?との声が多数聞こえてきます。

ものすごい勢いで雨が溜まっていくのがよく分かります。

Twitterでは、この八ッ場ダムの働きに称賛の声が多数聞こえてきます。

もしも八ッ場ダムが無かったとすると、利根川が氾濫し、東京エリアにももっと大きな被害が生まれていたかもしれません。

八ッ場ダムは、まだ完成前で、今月ようやく試験湛水を開始したという状況でした。

本当に奇跡的なタイミングであったようです。

そして、この八ッ場ダムの偉業によって、民主党政権時を思い出される方たちから、このような声が多く聞こえてきます。

【八ッ場ダム(やんばダム)】民主党政権時代に頓挫?当時を思い出す声

建設に要する費用の概算額は、約5,320億円とされています。

八ッ場ダムは民主党政権時代に、数年間頓挫することになっていました。

ギリギリ今回の試験湛水開始が間に合いましたが、今回の件を受けて、ネットからはこのような声が聞こえてきます。

八ッ場ダムの試験湛水開始で台風19号の被害最小限も民主党政権時代を思い出す声|まとめ

地球規模最大と言われていた台風19号が過ぎ去り、各地に大きな爪痕を残していきました。

東京エリアでも大きな被害が予想されましたが、それほど大きな被害がなく済んだのは、八ッ場ダムのおかげではないかと言われています。

八ッ場ダムの試験湛水が始まったのは今月のことで、ギリギリ間に合ったことに多くの方から称賛の声が聞こえてきました。

【動画】多摩川氾濫の可能性は?台風19号の影響で記録的な雨量を観測

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)