【動画】国母和宏保釈時のタクシー会社どこ?ゴールド交通はなぜ空車?

2019年12月3日、大麻取締法違反などの罪で起訴された元五輪スノーボード男子代表の国母和宏被告が保釈されました。

【動画】国母和宏の保釈時の猛スピードのタクシーは危険運転?

ヤフーニュースではこのように伝えています。

午後2時すぎに保釈保証金300万円を現金で納付した国母被告は午後4時45分ごろ、タクシーに乗った状態で姿を見せた。地下駐車場で乗り込んだとみられ、猛スピードで地上に出てきたタクシーは敷地内の一時停止の標識で停止することなく、一般道に出る際も速度を緩めないまま走り去った。その様子に約50人の報道陣はあっけにとられ、同署署員も「これは危ない。こうやって出てくる人は今までいなかった」と驚いた様子だった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191204-00000096-spnannex-soci

どうやら前代未聞の行為であったそうですが、こちら動画の35秒あたりから、國母和宏さんを乗せたタクシーが猛スピードでそのまま一般道へ出るシーンを見ることができます。



確かに、猛スピードで一般道へそのまま出ているように見えます。

これは危険運転とはみなされることはないのでしょうか。

また、このタクシー会社はどこなのでしょうか。

【動画】国母和宏の猛スピードのタクシー会社どこ?ゴールド交通はなぜ「空車」?

國母和宏さんの乗ったタクシーを見たひとから、このような投稿がありました。

こちらの画像を見ると「GOLD TAXI」という文字がハッキリと確認できます。

なぜか空車となっていることに疑問を感じる声も聞こえましたが、この「GOLD TAXI」と書かれたこのタクシーはゴールド交通株式会社のタクシーのようです。

ゴールド交通

恐らく、國母和宏さんの指示に従って行った行為であったかとは思いますが、思わぬ形で認知されてしまい、不本意であるかと思われます。

また、スーパーサインが空車になっていたことも話題となっております。

「空車」は実車(お客さんを乗せて目的地へ向かっている営業運行の状態)ではなく、新たに手を上げて停めれば利用可能な状態となっています。

そのため、そのようなお客さんが途中にいた場合は停まる必要があったわけです。

タクシー業界の隠語としてエントツという言葉があります。

エントツは乗客を乗せて、料金メーターを空車のままにして収受料金を着服する行為ですが、恐らく今回、ドライバーの顔もはっきりと映るのを承知であったと思われるので、その可能性はほぼ無いと思われます。

なぜ「空車」となっていた理由については不明ですが、これも誰かの指示を受けて行ったものなのでしょうか。

ここまでする必要はなかったかのように思えますが、ネットからはこのような声が聞こえてきます。

国母和宏の猛スピードタクシーにネットの声は

【動画】国母和宏保釈時のタクシー会社どこ?ゴールド交通はなぜ空車?|まとめ

2019年12月3日、大麻取締法違反などの罪で起訴された元五輪スノーボード男子代表の国母和宏被告の、保釈時のタクシーが話題となりました。

車道に出るまで猛スピードで進み、また、タクシーのスーパーサインが「空車」となっておりました。

誰のどのような指示のもと、そのような行為を行ったのかは不明ですが、思わぬかたちで「GOLD TAXI」の名前が認知されることになりましたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)