ゴーン記者会見の意味不明な真珠湾発言に唖然…反省なしの被害者ヅラ?

2020年1月8日、レバノンでカルロス・ゴーン氏が記者会見を開きました。

記者会見では、カルロス・ゴーン氏の逮捕に関与した日本政府の関係者を暴露するなど、非常に話題になっています。

2020年1月8日レバノンにてゴーン氏記者会見

2020年1月8日、レバノンで行われたカルロス・ゴーン氏が記者会見を開きました。

自身の潔白を主張したうえで、日本の司法制度を痛烈に批判し、人権侵害であると訴えました。

ただ、潔白の証拠についての説明はなく、ただただ勾留中が辛かったという話が続き、また、注目されていた日本政府の関係者の暴露については、記者会見の開催国であるレバノンへ配慮し、公表を控えるとのことでした。

そして、今回の日産幹部の取った行動に対して「真珠湾攻撃」のようだと揶揄しておりました。

今回の会見を見ていたからは、このような声が聞こえてきます。

レバノン記者会見でゴーン氏が「真珠湾攻撃」発言の理由はなぜ?

このように突然の「真珠湾攻撃」発言があり、多くのひとが不快に感じているようでしたが、この発言をした理由は、日本を悪者にし、海外メディアを味方につけようとしたということなのでしょうか。

他にもこのような声が聞こえてきます。

ゴーン記者会見はぐだぐだ?被害者ヅラで反省なし?

ゴーン記者会見の意味不明な真珠湾発言に唖然…反省なしの被害者ヅラ?|まとめ


画像出典:chuumoku.net

2020年1月8日、レバノンでカルロス・ゴーン氏が記者会見を開きました。

日本の司法制度を痛烈に批判しましたが、期待されていた日本脱出の詳細や、逮捕に関与した日本政府関係者の暴露はありませんでした。

また「真珠湾攻撃」というワードで海外を味方にしようとしている姿が浮き彫りとなり、多くの方から不快な声が聞こえてきました。

この会見によって何か変わるのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)