逗子市池子|土砂崖崩れ事故現場の場所の住所どこ?ドライブレコーダー映像は?

2020年2月5日午前8時頃、神奈川県逗子市池子の市道で、土砂崩れが発生し、18歳の女性が巻き込まれてしまいました。

この記事では、事故が起きた現場の場所がどこなのかのを中心にご紹介していきます。

逗子市池子地図|土砂崖崩れ事故現場の場所の住所どこ?

ヤフーニュースではこのように伝えています。

 5日午前8時頃、神奈川県逗子市池子の市道で、近くの住民から「土砂崩れが起き、人が埋まったようだ」と119番があった。県警逗子署や逗子市消防本部によると、市道脇の斜面が約7メートルにわたって崩落し、歩行中とみられる女性が巻き込まれた。女性は18歳とみられ、救出されて病院に搬送されたが、死亡が確認された。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200205-00050123-yom-soci

事件当日や前日も含め、特に雨などがひどく降ったわけでもないないなか、突然、土砂崩れが起きたようです。

この事故現場はこちらになります。

なお、この事故現場は、逗子市によると「土砂災害警戒区域」に指定されていたそうです。

逗子市土砂崖崩れ事故の場所は「土砂災害警戒区域」に指定されていた?

2020年2月5日午前8時頃、神奈川県逗子市池子の市道で発生した土砂崩れの現場は、「土砂災害警戒区域」に指定されていたそうです。

土砂災害警戒区域とは

土砂災害警戒区域(イエローゾーン)とは、土砂災害防止法に基づき指定された「土砂災害のおそれがある区域」で、土砂災害が発生した場合「住民の生命または身体に危害が生ずるおそれがある区域」で「警戒避難体制を特に整備すべき土地の区域」のことです

引用:iqra-channel.com

「土砂災害のおそれがある区域」だったということのようでした。

ただ、今回の事故現場のストリートビュー画像や映像を見る限り、このような見た目の場所は、逗子市には数多く見受けられます。

どのように注意をしていく必要があるのでしょうか。

逗子市池子土砂崖崩れ事故|ドライブレコーダーの映像は?

先程ご紹介の記事には、このような記載がありました。

 同署などは、ほかに巻き込まれた人はいないとみている。現場付近の車のドライブレコーダーに記録された映像から、同署などは複数の人が巻き込まれた可能性があるとして、市道に積もった土砂を撤去して捜索したが、逃げ遅れるなどした人は見つからなかった。。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200205-00050123-yom-soci

現場付近の車のドライブレコーダーが、事故の瞬間を捉えていたようです。

この映像は、警察には渡っておりますが、現時点においてはメディアへの公開はされていないようです。

情報公開となり次第、更新させていただきます。

逗子市池子土砂崖崩れ事故にネットの声は

【逗子市池子】土砂崖崩れ事故現場の場所の住所どこ?ドライブレコーダー映像は?|まとめ


画像出典:http://diary.ponkichi01.com/

2020年2月5日午前8時頃、神奈川県逗子市池子の市道で、土砂崩れが発生し、18歳の女性が巻き込まれてしまいました。

事故が起きた現場の場所は、逗子市池子の2丁目であったようです。

事故現場は「土砂災害警戒区域」ではあったものの、現場の画像を見る限り、このような場所は日本国内には多数あるようにも思え、予測することは難しいかもしれませんが、日頃から注意が必要と感じますね。

ご冥福をお祈りいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)