武漢帰国者の帰宅した11人は誰で名前や会社どこ?許可理由に絶句…やむを得ない事情?

2020年2月5日、中国湖北省武漢市からチャーター便で1月末に帰国し、千葉県のホテルなどに滞在している日本人のうち、計11人が国内の自宅などに戻ったことが明らかになりました。

いったいこの11人は誰で、どんな理由があって帰宅許可が下りたのでしょうか。

武漢帰国者の帰宅許可理由はなぜ?やむを得ない事情?

ヤフーニュースは、このようなに伝えています。

 厚生労働省は5日、中国湖北省武漢市からチャーター便で1月末に帰国し千葉県のホテルなどに滞在している邦人のうち、計11人がやむを得ない事情で国内の自宅などに戻ったと明らかにした。健康状態の確認は続ける。

厚労省によると帰宅したのは1月29日に帰国した第1便の1人、30日の第2便の8人、31日の第3便の2人。詳しい理由は明らかにしていない。

政府は帰国者に対し、検査で陰性だった場合でも最長2週間、宿泊先に滞在し、症状が出ないかどうか経過観察するよう要請している。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200205-00000190-kyodonews-soci

2020年1月末に武漢市から帰国し、ホテルで滞在していたなかの計11人がすでに自宅へ帰宅したということです。

その理由として、以下のような記載があります。

  • やむを得ない事情

言葉を失ってしまいますね。

そもそも、このタイミングで日本にいる予定ではなかった方も含まれるような気がします。

11人それぞれが同じ理由ではないかと思いますが、いったいどんな理由があって帰宅したのでしょうか。

現時点おいては、厚生労働省から帰宅を許可した理由について発表はありません。

家族や親族、親しい友人が病気や事故で危ない状態にあるということなのでしょうか。

詳細が明らかになり次第、更新させていただきます。

武漢帰国者|ホテルから帰宅した11人は誰?名前や会社名は?

2020年1月末に武漢市から帰国し、ホテルすでに自宅へ帰宅した11人はいったい誰なのでしょうか。

帰国便の内訳としては、以下のようになるようです。

  • 1月29日 第1便 1人
  • 1月30日 第2便 8人
  • 1月31日 第3便 2人

1月30日の第2便で帰国した方からが多い印象です。

この11名の名前は所属会社名などは明らかになっていませんが、この集計を見ると、8名の方々の共通の知人に何か不幸があったのかもしれません。

ただ、そのような事情であったとしても、もしそのような方々が集まる状況があったすると、感染リスクは非常に高いと思え、心配になるのではないでしょうか。

先日も、帰国後、検査拒否をされた方がおりましたが、そのような身勝手な行動に、多くの日本国民がその行動に疑問を感じました。

今回の11名に関しては、みなさん、どのような感情を抱いているのでしょうか。

ネットからはこのような声が聞こえてきます。

武漢帰国者ホテルから11人帰宅にネットの声は

武漢帰国者の帰宅した11人は誰で名前や会社どこ?許可理由に絶句…やむを得ない事情?|まとめ

2020年2月5日、中国湖北省武漢市からチャーター便で1月末に帰国し、千葉県のホテルなどに滞在している日本人のうち、計11人が国内の自宅などに戻ったことが明らかになり、話題となっています。

帰宅を許可した理由として「やむを得ない事情」ということが発表されていますが、詳細については明らかになっていません。

感染リスクを無視してでも、帰宅させるべきだと判断した理由は何なんでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)