谷川岳群馬県天神平スキー場|遭難した中学生の父親は誰?浦安市在住47歳に非難の声

2020年2月11日、谷川岳を訪れて、群馬県みなかみ町の天神平スキー場のコース外でスノーボードをしていた中学生が遭難してしまいました。

親子でコース外でスノーボードをしていたということのようで、中学生の無事を祈る声と、中学生の父親への非難の声があとを絶ちません。

谷川岳群馬県天神平スキー場外で中学生が遭難

ヤフーニュースではこのように伝えています。

 11日午後0時45分ごろ、「谷川岳でバックカントリーでスノーボードをしていた息子が下りてこない」と、千葉県浦安市の男性(47)から群馬県警沼田署水上交番に通報があった。署は男性の息子の男子中学生(15)が遭難したとみて捜索している。

バックカントリーとは

バックカントリーとは、山野のうちレジャー用に整備された区域外のエリア[1]。一般的に手付かずの自然が残っているエリアを指すが、農林業などレジャー以外の目的での整備は行われている場合がある。キャンプ地やスキーの滑走場所、たき火、用便について規制は少ない。国によっては環境保護のためにバックカントリーへの入場を制限している。対義語は「フロントカントリー」。

引用:Wikipedia

バックカントリーというのは、危険を承知で入っていくエリアになるため、この遭難した中学生もスノーボードの技術に対して、自信があったのだと推測されます。

ただ、今回のケースでは、この中学生は、父親とともこの禁止エリアに入っていったということのようです。

そのため、ネットでは、中学生の安否を心配する声とともに、この父親の判断に非難の声が多く聞こえてきます。

谷川岳群馬県天神平スキー場|遭難した中学生の親は誰?浦安市在住47歳?

先程ご紹介の記事によると、親子は2020年2月11日に谷川岳を訪れて、群馬県みなかみ町の天神平スキー場のコース外でスノーボードをしていたと言われています。

そして、午前11時ごろに、父親が先に滑降し、谷川岳ロープウェイの天神平駅付近で待っていたが、中学生は姿を現さなかったとのことです。

「父親が先に滑降」というのも、何か不可解です。

この群馬県みなかみ町の天神平スキー場のコース外でスノーボードをして遭難してしまった中学生の父親は誰なのでしょうか。

特徴としては、以下のような記載がありました。

  1. 千葉県浦安市在住
  2. 47歳
  3. 息子は15歳

親子でバックカントリーをするということは、相当な腕前であったと推測されます。

バックカントリー界での有名人を調べてみましたが、この年齢や居住エリアがマッチする人物が分かりませんでした。

詳細が分かり次第、更新させていただきます。

ただ、調べていくと、このバックカントリーには、芸能人などにもファンがいるようです。

バックカントリーでの遭難者は増加?救助費の負担は誰?

「バックカントリー」を愛する芸能人として、松田翔太さんが有名です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

初めての @fieldearth 🙏🏼 #t9 #fieldearth #hokkaido

Shota Matsuda(@shota_matsuda)がシェアした投稿 –

松田翔太さんは幼少期からスキーをやられており、腕前はプロ級と言われています。

幼少期からスキーやスノーボードに慣れ親しんだ方たちは、スキー場のコースだけでは物足りなくなり、松田翔太さんのようにバックカントリーを始める方もいらっしゃるようです。

一方で、実力を過信して、知識や装備が不十分なままバックカントリーへ入山する客も多いとも言われています。

また、バックカントリーで危険なのは雪崩です。

最近は、バックカントリースポーツで遭難者も増加傾向にあり、山岳救助の対象として各自治体が注意喚起をしています。

その場合、捜索・救出費用はほぼ全額が自己負担になっておりかなり高額であるようです。

このような状況で、中学生の安否を心配の声とともに、このような結果を招いた父親に対して、非難の声が多数聞こえてきます。

谷川岳群馬県天神平スキー場|遭難中学生の浦安市在住47歳親に非難の声

とりあえずまずは助かってほしい。それから親をフルボッコにして…

コース外での遭難は捜索しません。くらいに厳しくしないと、親子でバックカントリーするバカまで現れた。

谷川岳で。。。 それも、親が子供を そこに連れていく。。。

父親が率先して子供をバックカントリーに誘っているなんて目も当てられない。

信じられない。
この親は冬山をなんと考えているのか?
もしものことがあった場合の責任は全てこの親にあると思います。

天神平のバックカントリーは立ち入りが許可されてるのでしょうか?
もし許可されてないのなら厳しい言い方かもしれませんが自業自得だと思います、しかも親子で、、、
救助隊も命懸けである事を分かって頂きたい。

しかしお子さんが助かる事を祈ります。

谷川岳群馬県天神平スキー場|遭難した中学生の親は誰?浦安市在住47歳に非難の声

2020年2月11日、谷川岳を訪れて、群馬県みなかみ町の天神平スキー場のコース外でスノーボードをしていた中学生が遭難してしまいました。

親子でコース外でスノーボードをしていたということのようで、中学生の無事を祈る声と、中学生の父親への非難の声があとを絶ちません。

現時点でこの父親が誰のか、年齢と居住地のみが発表されていますが、今後、情報公開され次第更新させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)