みなとみらい横浜女神橋の設計者は誰で工事会社はどこ?経済損失がヤバすぎる!

まるで冗談のようなニュースが飛び込んできましたね。

横浜市のみなとみらい21に架かった「女神橋」。

非常に好感の持てる名前のこの橋が低すぎて、船が通れなくなっているということです。

いったいこの端を設計した担当者や、施工管理会社は誰なのでしょうか。

みなとみらい21歩行者デッキ『女神橋』が低すぎて船が通らない?

ヤフーニュースではこのように伝えています。

 横浜・みなとみらい21(MM21)地区の運河に横浜市が建設している歩行者デッキ「女神橋」の高さが低く架設され、これまで航行していた船舶が通れなくなっていることが、23日分かった。本格的な行楽シーズンを前に観光船が営業できない事態に直面。

目を疑うようなこのニュース。

新たに橋を架けるも、低すぎて、これまで運行していた船が通れなくなっているということです。

この結果について、横浜市はこのように回答しているようです。

一般のプレジャーボートの安全航行にも支障が生じる恐れがあるが、発注元の市は設計に問題はなかったとの立場を示している。

 市港湾局の成田公誠政策調整課長は、国際橋を実測しないまま発注したことを認めた上で、「女神橋の桁下高を3・5メートルとした設計の考え方に問題はなかった。高さ3・5メートルよりも大きな観光船が通航していることは把握していなかった」と説明。

実際に、これまで運行していた船が通れないという問題があり、実測していないことを認めながらも、横浜市としては設計に問題はなかったとの立場を示すという”謎”の展開になっています。

横浜市に問題がないということであれば、誰が問題なのでしょうか?

みなとみらい21歩行者デッキ『女神橋』の設計担当者は誰?

横浜市の入札が確認できるホームページ上で、今回の「女神橋」の入札と思われる契約番号は「1914010018」と推察されますが、担当の課について以下のような記載がありました。

  • 工事担当課 港湾局建設第一課
  • 契約事務担当課 財政局契約第一課

どちらの課にどれほどの責任があるのか分かりませんし、実際には全く違う可能性はなくはありません。

設計担当者名については全く分かりませんが、施工管理を担当したと思われる会社名についてはこのような記載がありました。

みなとみらい21歩行者デッキ『女神橋』の建設会社やコンサルティング会社はどこ?

インターネット上で公開されている入札情報に、以下のような記載がありました。

発注先 横浜市契約第一課
工事件名 1914010018・みなとみらい歩行者デッキ(仮称)整備工事(下部工)
工事種別  土木
入札日 2019/05/10
落札額 424,600,000 円
落札者名 東亜・日栄JV

引用:https://www.kentsu.co.jp/config/login.asp?type=bid&bidkbn=3&cd=4190408&yyyy=2019&area=2&raku=1 

先程ご紹介の記事内には、事業費4億円との記載がありましたので、落札額からしても同一の案件の可能性が高いように思われます。

恐らくこの落札会社は、市の規定する仕様書に沿って工事を進めたと思われるため、今回起きている事象に責任はないのではないでしょうか。

しかし、今回の問題を受け、横浜市はどのように対応をされるのでしょうか。

みなとみらい21歩行者デッキ『女神橋』の経済損失はいくら?

現在の横浜市の方針としては、このような記載がありました。

「現状では架け替えは考えておらず、運航会社とは今後個別に協議する」

架けた橋はそのままで、運行会社と協議するという方針のようです。

もし、架けた橋を取り壊して、新たに橋を架ければ、それだけも現在すでに掛っている4億円の倍以上の損失が生まれることになります。

それはどうしても避けたいため、各社と協議するようですが、どのような措置を取るのか注目ですね。

情報が入り次第、更新させていただきます。

みなとみらい21歩行者デッキ『女神橋』場所はどこ?

今回問題となっているのは、みなとみらい21地区のこちらになります。

2020年夏に完成予定で、まだ全てが完成していないということですが、今回の問題を受けてどのようになるのでしょうか。

今回のニュースを聞いた方たちからはこのような声が聞こえてきます。

みなとみらい21歩行者デッキ『女神橋』問題にネットの声は

みなとみらい横浜女神橋の担当者は誰で施工管理会社はどこ?経済損失がヤバすぎる!|まとめ


画像出典:lanikainahele.com

一般公募で名称が決まった横浜市のみなとみらい21に架かった「女神橋」。

現在もまだ工事中ではありますが、観光船がくぐることができなく、営業できない事態に直面し、問題となっています。

一般のプレジャーボートの安全航行にも支障が生じる恐れがあると言われていますが、発注元の横浜市は設計に問題はなかったとの立場を示していますが、このまま終わってしまうのでしょうか。

1 Comment

まじょうら

けたに、下駄かませてかさ上げすりゃいいやん

道路は舗装はがして土盛り直しになるけど

撤去して架け替えるよりはずっと安く済む

横浜よ、税金高いんだからそれくらいやってくれ

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)