北京オリンピック|開会式の総合演出家は誰?チャンイーモウは映画監督!

いよいよ始まりましたね!

待ちに待った2022北京オリンピック!

 

そして、派手に行われた開会式でしたが、この演出をされたのは誰なのかと気になった方もたくさんいらっしゃったのではないでしょうか?

 

今回の2022北京オリンピックの開会式の総合演出家はチャン・イーモウさん。

 

あまり聞き慣れない方も多いかもしれませんが、中国では非常に有名な映画監督なんですよね。

 

この記事では2022北京オリンピックの開会式の総合演出家はチャン・イーモウさんがどんな方なのかについて紹介していきます。

北京オリンピック|開会式の総合演出家は誰?

まずは2022北京オリンピックの開会式の総合演出家のチャン・イーモウさんの簡単なプロフィールをチェックしていきましょう。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Taicho(@nekotaicho214)がシェアした投稿

生年月日:1950年4月2日(71歳)
出身:陝西省西安

 

16歳ころから3年ほど農民として、約7年間は工場で働いていたそう。

その後、北京電影学院撮影学科に入学し、映画人としてのキャリアをスタート。

そして、1987年に『紅いコーリャン』で映画監督としてデビューし、続々とヒット作を発表されていきます。

北京オリンピック開会式・総合演出家のチャン・イーモウは映画監督!

1987年『紅いコーリャン』で映画監督としてデビュー後、このような作品のメガホンをとられています。

  • 紅いコーリャン 紅高梁 (1987年)
  • LOVERS 十面埋伏 (2004年)
  • 単騎、千里を走る。 千里走單騎 (2005年)
  • 金陵十三釵 (2011年)日本未公開
  • グレートウォール The Great Wall / 長城 (2016年)
  • SHADOW/影武者 影 (2018年)

 

正直、日本国内では大ヒットとなったものは少ない印象ですが「LOVERS」「単騎、千里を走る。」はご存知の方も多いかもしれませんね。

 

「LOVERS」は9世紀中頃の中国を描く作品で、主演が日本でも馴染みのある金城武さんが主演でした。

 

また2005年「単騎、千里を走る。」では高倉健さんを主演に迎えた作品となっています。

 

2011年の『金陵十三釵』中国映画史上最高額となる6億元(約78億円)の製作費を投入。

主演はクリスチャン・ベールで同年の中国年間第1位となる約71億円の興行収入を記録し、中国社会に大きな影響を与えたことで話題になりました。

またこの作品で第69回ゴールデングローブ賞の外国語映画賞にノミネート、第84回アカデミー賞外国語映画賞の中国代表作品にも選出。

 

最近では、主演にマット・デイモンさんを迎えた「グレートウォール」も人気作品ですが、コアな映画ファンの方々からのチャン・イーモウさんの評価はすごく良い印象です。

 

2008の北京オリンピック開会式の総合演出家もチャン・イーモウ!

先ほど挙げたような映画を世に送り出したチャン・イーモイさんですが、実は2008年の北京オリンピックの開会式も総合演出を担当されているんです。

このときはスティーヴン・スピルバーグが芸術顧問として監修するはずでしたが、国際的な問題から突如辞任

 

そのあとを受けてチャン・イーモイさんが引き継がれていましたが、

「構想が精巧で演出も完璧、とても印象深い」

「開会式はどんな想像も超えており簡潔で驚きだった」

などの高い評価を得ることになりました。

 


 

動画ごく一部の抜粋なのですが、この開会式、4時間もあったそうですよ!

びっくりですよね笑

しかも出演者は1万5000人!

 

中国のスケール感の違いを感じますね!

 

他の国々では、オリンピックの開会式の演出家が連続して同じ方という例はありません。

なぜこんなにもチャン・イーモイさんが中国のオリンピック委員会から信頼されているのか、気になりますよね?

 

北京オリンピック|開会式の総合演出家のチャン・イーモウは特権階級?

中国は今でさえ撤廃はしていますが、人口増を抑制するための施策として「一人っ子政策」というものがありました。

1組の夫婦につき子どもを1人に制限するものなのですが、実はチャン・イーモウさんはこの制限を無視して、お子さんを3人も育てていたことが判明し、大きな話題になりました。

 

しかし、

チャン・イーモウさんが生活している江蘇省無錫市は、3人の子供がいることを把握したうえで一切不問にしてきたといいます。

 

このような現象を「特事特弁」と言うそうですが、共産党の権力中枢にいる人間とその家族や友人が受けられる「特別扱い」だそうです。

 

チャン・イーモウさんはそれだけ政府に近い存在であって、だからこそ、2000年に引き続き、2回も連続して栄誉あるオリンピックの開会式の総合演出というポジションを得られているということなのでしょうかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)