東京五輪マラソン|札幌変更に小池知事がキレた理由は道路舗装の300億円?

まさに、青天の霹靂なのかもしれません。

東京オリンピックまであと9ヶ月ほどというタイミングで、IOCからマラソン競技を北海道での実施に変更するような要請があったようです。

小池百合子都知事「北方領土でやったら」札幌変更に不快感

ヤフーニュースではこのように伝えています。

東京都の小池百合子知事は17日、五輪マラソン・競歩について東京から札幌への会場変更が決定的になったことを受けて「かなり唐突な話」と、あらためて不快感を示した。準備を進めるさなかに蚊帳の外に置かれたような形で、30日からの調整委員会でIOCに説明を求める構えだ。頭越しの決定に、都内の会合では「涼しいところというなら、北方領土でやったらどうか」と、八つ当たり的な発言も。東京と対照的に、札幌市は準備に動き始めた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191017-10170745-nksports-soci

東京オリンピックは御存知の通り、2020年7月24日 – 2020年8月9日という真夏に開催されます。

それは、東京がオリンピック開催地に立候補したときから、おおよその時期は分かっており、それを理解したうえで、IOCも東京をオリンピック開催地に決めたはずです。

日本の夏の暑さは、当時から分かっていたはずです。

それなのに、このタイミングになって、東京オリンピックのマラソンに関しては、東京から札幌へ変更することが決定的になったそうです。

この結果に当然ながら、東京の首長である小池百合子都知事は明らかに納得がいっていない様子です。

しかしながら、選手ファーストに考えるのであれば、札幌への開催地変更は喜ばしいものであるはずです。

蚊帳の外のような対応をされたのもそうですが、どうやらこんな理由があって、怒りが強いものになっていそうです。

【札幌変更に小池百合子都知事がキレた理由】東京五輪マラソン用の道路舗装に300億円?

東京都としては、暑いのは分かったうえで、東京がオリンピック開催地に選ばれたとは言え、なんとか選手によい記録を出してもらうように、このような準備を進めていました。

ヒートアイランド対策の一つとして、センター・コア・エリア を中心とした重点エリアにおいて、暑さを緩和する遮熱性舗装、 保水性舗装を路面補修工事に併せて実施している。 2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた 暑さ対策の一つとして、2020年までにマラソンコースを含む都 道において、当舗装を累計約136㎞整備を実施する。

http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/climate/heat_island/atsusa_taisaku_suishinkaigi.files/H27_suishinkaigi_shiryou3.pdf

これによる効果は以下のようなものがあります。

  • 路面温度を最大8度程度抑制
  • 騒音低減機能を確保
  • 雨水が蒸発すると最大10度程度抑制

ランナーにとっては、非常に頼もしい舗装道路になっていますが、この工事にかかった費用として、5年間で約300億円が投じられたということなんです。

本当に、東京オリンピックのマラソンが札幌での開催となれば、その300億円が水の泡のようなものになってしまいます。

これは小池百合子都知事というよりも、あくまでIOCの問題であるように感じますが、この現在の状況について、このような声が聞こえてきます。

アスリート・ファーストな札幌への会場変更は豊洲市場のブーメラン?

今回のマラソン会場の札幌への変更のニュースを受け、ネットにはこんな声が。

小池百合子都知事と言えば、豊洲市場の移転で世間を騒がしたことを思い出される方も多いようです。

話題になった当時は、小池百合子さんが、散々、豊洲市場の問題点を指摘しまし、移転時期を大幅に遅らせました。

最終的に、指摘したことが本当に問題となることであればよかったわけですが、振り回して振り回したあげく、結果的に豊洲市場に移転を決めたということで、関係者の多くのひとが迷惑を被られたわけです。

そのような過去と、今回の事象を重ね、ブーメランと揶揄されています。

【東京五輪マラソン】札幌変更に小池知事がキレた理由は道路舗装の300億円?|まとめ

東京オリンピックまであと9ヶ月ほどというタイミングで、IOCからマラソン競技を北海道での実施に変更するような要請があったようです。

それを受け、東京都の首長である小池百合子都知事が、冷静に言葉を発してはいるものの、相当な怒りを感じました。

突然の会場変更というのも理由ですが、何よりも、マラソン競技のために道路舗装を5年で300億円投資してきており、それが水の泡になってしまうということもありそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)