【画像】小池百合子の目の下にテープする理由はなぜ?シミ取りレーザー後の保護用?

2020年5月29日、小池都知事が定例会見を行いましたが、マスクを外すと右目の下に大きな絆創膏のような肌色の巨大なテープが貼られていました。

いったいこのテープをする理由はなぜなのでしょうか。

【画像】小池百合子の目の下の絆創膏する理由はなぜ?

ヤフーニュースはこのように伝えています。

 東京都の小池百合子知事が29日、東京都庁で記者会見した。

小池都知事は右目の下にヨコ約4センチ、縦約3センチの肌色の四角形の絆創膏かテープのようなものを貼って会見にのぞんでおり、ネット上では「目の下ケガしてる?」「目、どうした」など心配の声が飛び交った。

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/1895696937d988d0f09ec1a98741f46917865b2a

こちらが会見時の画像になります。

小池百合子都知事の右目の下に大きな肌色のテープがあることが確認できますね。

このようなテープをされている方は、あまり見たことはありませんが、このテープをすることになった原因は、いったいどんな理由からなのでしょうか。

小池百合子の目の下はシミ取り後の保護テープ?

これほどまでに大きな絆創膏でありましたが、特に記者の方からは、その点について質問をすることはなかったため、原因については明らかになっていません。

あのような巨大なテープをする必要があったということは、ファンデーションでは消えないレベルのものであったということが考えられます。

そのため、やはり何かしらの外傷を隠すためだということなのでしょうか…

小池百合子都知事の右目の下の肌色のテープは、何が理由で貼られているのか非常に心配ではありますが、一般的には、顔に大きな絆創膏のようなものを貼るケースとしては、以下のようなものがあるようです。

シミをレーザーで焼くと、しばらく保護テープをするというのは一般的のようです。

ただ、これだけ3密回避と言われているこのご時世にシミ取りレーザーをしたというのは考えにくいですよね。

コロナ禍による多忙で、精神的な疲労がお肌にも影響が出て、吹き出物を隠すためだったということでしょうか。

情報が入り次第、更新させていただきますが、本日の会見を見た方たちからはこのような声が聞こえてきました。

小池百合子の目の下にテープに世間の声は

【画像】小池百合子の目の下にテープする理由はなぜ?シミ取りレーザー後の保護用?|まとめ

画像出典:Twitter

2020年5月29日、小池都知事が定例会見を行いましたが、マスクを外すと右目の下に大きな絆創膏のような肌色の巨大なテープが貼られていました。

理由については明らかにされておりませんが、現在のコロナ禍のなかでの疲労がお肌に影響し、吹き出物を隠すためのものなのでしょうか。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)