桃田賢斗の怪我で五輪の影響は大丈夫?交通事故の精神的後遺障害は深刻…

2020年1月13日、バドミントンの桃田賢斗選手が遠征先のマーレシアで交通事故に巻き込まれたようです。

いったいどんな事故で、今後の試合への影響度はどうなのでしょうか。

桃田賢斗の交通事故で骨折…怪我で今後やオリンピックへの影響は?

ヤフーニュースではこのように伝えています。

 バドミントン男子シングルス世界ランキング1位の桃田賢斗(25)=NTT東日本=が13日、遠征先のマレーシアで交通事故にあい、けがを負って病院に搬送されたことが分かった。

非常にショッキングなニュースが飛び込んできました。

桃田賢斗選手は、2020年1月12日にクアラルンプール市で行われたマレーシアマスターズで優勝し、14日からのインドネシアマスターズ(ジャカルタ)に参戦する予定で、マレーシア滞在中に事故に巻き込まれました。

事故による影響は以下のようです。

  • 乗っていた車の運転手は死亡
  • 平山優サポートコーチも同乗も怪我などは不明
  • 桃田賢斗選手は鼻を骨折し、唇を縫う怪我

ドライバーの方が死亡してしまうほど、大きな交通事故であったようです。

桃田賢斗選手としては「鼻を骨折」「唇を縫う怪我」ということで、現在のところは、今後のプレーに影響はないレベルと感じます。

しかしながら、交通事故に遭うと、外的な影響のみならず、精神的な影響が大きい場合もあるようです。

【事故画像】桃田賢斗のメンタルは大丈夫?交通死亡事故の精神的後遺障害は深刻な例も

先程ご紹介した通り、桃田賢斗選手が乗っていたワンボックスのドライバーが死亡されてしまいました。

画像を見ると、その事故の大きさがすぐに理解できます。


画像出典:Twitter

桃田賢斗選手としては、ご自身の怪我の影響は少ないとの報道ですが、メンタル的な問題はまだ何も聞こえてきません。

実際にまたは危うく死ぬまたは重症を負うような出来事を、一回以上、自分または他人の身体の保全に迫る危険を、その人が体験または目撃すると「心的外傷後ストレス障害」に陥るケースがあるようです。

心的外傷後ストレス障害とは

心的外傷後ストレス障害(しんてきがいしょうごストレスしょうがい、Post Traumatic Stress Disorder、PTSD)は、命の安全が脅かされるような出来事(戦争、天災、事故、犯罪、虐待など)によって強い精神衝撃を受けることが原因で、著しい苦痛や、生活機能の障害をもたらしているストレス障害である。

引用:Wikipedia

眼の前では、恐らく壮絶な光景が起きていたと予想されます。

これにより桃田賢斗選手が、強い精神的衝撃を受けている可能性も否めません。

現時点での報道では、桃田賢斗選手の状況は骨折と唇の怪我程度ですが、メンタル的な問題は大丈夫なのでしょうか。

ネットからはこのような声が聞こえてきます。

桃田賢斗の交通事故に「大丈夫?」|ネットからは心配の声

【画像】桃田賢斗の交通事故現場が壮絶…骨折や怪我で今後の影響は?|まとめ

2020年1月13日、バドミントンの桃田賢斗選手が遠征先のマーレシアで交通事故に巻き込まれたようです。

外傷としては、鼻の骨折、唇を縫う怪我ということですが、乗っていた車のドライバーは死亡しており、精神的な影響は計り知れません。

ネットからもメンタル面お心配する声が多くあり、今後、プレーが非常に気になりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)