シンソウ坂上|小林麻耶の引退理由はマスコミ?週刊誌の記者は誰?

こんにちは、ばーしーです。

2019年5月30日放送のフジテレビ系『直撃!シンソウ坂上』が話題ですね。

小林麻耶さんが旦那様の國光吟さんのお二人が登場し、なぜ小林麻耶さんが芸能界を引退したのかについての真相を初めてテレビで語られました。

本当に悲しい気持ちになりましたね。。

一体どんなことが語られたのか、さっそくチェックしていきましょう。

【直撃!シンソウ坂上】小林麻耶の引退理由はマスコミの取材や張り込み?追い込んだ週刊誌の記者は誰?

小林麻耶さんは、坂上忍さんが司会のフジテレビの番組「バイキング」で2014年から2016年に共演されています。

そして、小林麻耶さんは2016年5月の生放送中に倒れてしまい、11ヵ月にわたって休養することとなりました。

その休養を経て一時復帰のテレビ出演も「バイキング」でした。

そんな経緯もあって、特別親交の深い坂上忍さんだからこそ、今回、小林麻耶さんが、今までテレビなどで語られてこなかったことを聞き出せたようです。

小林麻耶さんの妹である小林麻央さんの闘病生活は、最初は家族間だけの秘密として、隠していましたが、スポーツ紙に抜かれてしまい、会見を開くことになったそう。

それから、記者に執拗に追いかけられるようになってしまいました。

家に来たり、家に電話してきたり、取材攻勢は毎日のように続き、それは小林麻央さんの病院にまで及んだと言います。

小林麻央さんを追いかけてきたり、病院に来ている患者さんにインタビューしたり、病院の前で張ったり。

そんな状況で、本当に心を許してご飯をゆっくりと食べることすらできなかったと当時を振り返られていました。

それでも我慢を続けてきましたが、一つだけどうしても許せないという記事があったそう。

「妹が体調の良い時を狙ってお買い物に行ったんですが、“ブランド店2時間ショッピング”という記事を出されて。でもそれは、私たちがすごく好きな洋服店に行っただけなんです。そのお店はカフェが併設されていて、2時間ずっとショッピングをしていたのではなく、カフェで妹とゆっくり話をしていたんです。でも、その取材はされてない…。2時間ウィンドーショッピングって『すごく元気じゃないか』と誘導するような記事を書かれてしまって、妹は“死ぬ死ぬ詐欺”と言われました。いろんな方から。ネットでも」

https://www.fnn.jp/posts/00046543HDK

この記事を見たときの麻央さんの悲しそうな表情を、今も忘れることができないと。

小林麻耶さんを追い込んだ記者は一人なのか、複数なのか、出版社やテレビ局はどこなのか分かりませんが、いったい誰なんでしょうか。

【直撃!シンソウ坂上】小林麻耶は嘘記事やデマの影響で「死にたくなった」

2017年6月についに小林麻央さんが亡くなってしまいました。

すると、その葬儀の時に持っていたバッグの色について、はしゃいでると揶揄されたり、妹の旦那を狙っている、悲しんでいないなど、常軌を逸するようなことが記事化されていったようです。

そして、甥や姪を少しでも楽しませようと公園で遊んでいたりすると「母親気取り」という記事が。

このような記事によって、一般人からもこのような言葉を投げられることもあったそうです。

『(甥や姪の出演する歌舞伎に)よく来られますね』

『どういう気持ちで来るんですか?』

『(甥や姪は)あなたのことを必要としていませんよ』

こんなことが続き、小林麻耶さんは「死にたくなった」と涙ながらに語られていました。

【直撃!シンソウ坂上】小林麻耶の引退理由がかわいそう…ネットの声は?

これまで、先ほどの記事の影響から、小林麻耶さんにはネガティブな声がたくさん聞こえてきましたが、今回の放送を見て、真相を知った人からはこのような声が聞こえてきました。

【直撃!シンソウ坂上】小林麻耶の引退理由はマスコミ?週刊誌の記者は誰?|まとめ

小林麻央さんが亡くなったときの悲しみは計り知れないものがあったと思います。

これから小林麻耶さんがどのような活動をされていくのかは分かりませんが、今回の放送を機に、世間からの見る目が変わるような気がしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)