【動画】宮迫会見後のビートたけし怒りのコメント【全文】正論な発言に称賛の声

こんにちは、ばーしーです。

2019年6月20日、吉本興業と契約解除となった宮迫博之さんが会見を行いました。

本当に見ているこちらも辛くなるような会見で、涙された方も多数いらっしゃったんじゃないでしょうか。

そして、この会見を受けて、芸人の大御所たちが早速自身の見解を述べ、動きを見せています。

さっそくチェックしていきましょう。

ビートたけしが怒りのコメント!だったら雇うなよ!最低保証ぐらいしろよ

まずは、ビートたけしさんからのコメントです。

以下コメント全文です。

あんまり言うと放送禁止になっちゃうんだけど

人飼い事務所なんだよ、要するに

猿回しと同じで、俺ら芸人は猿なんだよ

猿が人を噛んだからと言って、猿に謝らせてもダメなんだって

飼ってるやつが謝るの

そいで芸人がこういう姿を見せればリスクを負って

あんときの涙を流して記者会見したやつの芸を見て誰が笑うのか

これはやらしたくないんだよ

これをやってくれるなって思うわけ

芸事というのは人を笑わせるってことは、そういうことを全部忘れて、明るく、くだらねーなっていうことが芸なんだから

それをやってしまわないといけないようにした事務所おかしいって

あと、もっと考えないといけないのは、闇営業とかなんとか行って、それをやんないと食えないような状態の事務所の契約がなんだって

ちゃんと若手も出てきて、事務所こういう仕事やって、いくらくれって言ったほうがいいんだって

そうでなきゃ家族がいて食えないようにしたのは一体誰なんだって

だったら雇うなよってことだから

最低保証ぐらいしろよ

あと、つまり、本当に何回も言うんだけど、お笑いにとってこんな恥ずかしい姿は見せて欲しくないのよ

俺はもう逆に怪我しても何しても出て行ったけど

ほら、こんな見にくい姿を見たいだろって

腹を決めて出ていったけど

これは腹決めてないじゃない

かわいそうだよ、こんなことさせたら

俺も先に言ったんだ、すぐ言っちゃえ、いくらもらったって言えって

そんで、そん時に宮迫たちが言ってるように、事務所とみんな出てきて、すいませんでしたで済んだんだよ

それで何ヶ月か1年かもしれない半年かもしれないけど、絶対に謹慎させて出直しますって言えば済んだことなのに、じゃんじゃん大きくしちゃって、週刊誌も二弾、三弾てやるからこんなことになっちゃって

非常に気持のいいコメントでした。

このようなポジションの方が言うと説得力ありますね。

このコメントの中にもありますが、ビートたけしさんは腹を決めて記者会見を行ったとあります。

その動画を見ると、本当にそのような気持ちであったんであろうと感じます。

ビートたけしの腹を決めた会見が男前すぎる

本件とは関係ないですが、ビートたけしさんの言われる腹を決めた会見というのは、こういうことなんだなと、動画をみればすぐに理解できます。

最高にかっこいい会見です。

1986年12月8日、東京都渋谷区の路上で、ビートたけしこと北野武(以下「たけし」、当時39歳)と親密交際していた専門学校生の女性(当時21歳)に対し、『フライデー』の契約記者が、女性が通う学校の校門付近でたけしとの関係を聞こうと声をかけたが、それを女性が避けて立ち去ろうとしたため、記者が前方に立ちふさがってテープレコーダーを彼女の顔に突きつけ、手を掴んで引っ張るなどの行為に及び、頸部捻挫、腰部捻傷で全治2週間の怪我を負わせた[1]。
これに怒ったたけしは、フライデーの発行元である講談社に電話をかけ、強引な取材に抗議した上、「今から行ってやろうか」と通告し、翌12月9日の午前3時過ぎ、たけしはその弟子集団であるたけし軍団のメンバー11人と共謀して、タクシー3台にそれぞれ4人ずつ分乗し東京都文京区音羽にある講談社本館のフライデー編集部に押し掛け、その結果、暴行傷害事件へ発展した。田中康夫による裁判傍聴記においては、当初たけしは手を出さないよう軍団メンバーに言っておいたものの、当時の編集次長による「自分は空手が得意である」旨の発言をはじめとした、編集部員の挑発的言動が原因で暴行に至ったと記されている[2]。

https://ja.wikipedia.org/wiki/フライデー襲撃事件

確かにこのような会見であれば、この人の芸をまた見ても、笑い飛ばせれると思えるかもしれません。

今回の宮迫博之さん、田村亮さんの会見では、本当にかわいそうだなと感じてしまい、このような人の芸を見て、また同じように笑えるかと言われると、難しいと思う方もいるかもしれません。

宮迫会見後の北野武怒りのコメントにネットからは称賛の声

今回の北野武さんのコメントに、ネットでは称賛の声が多数聞かれます。

【動画】宮迫会見後のビートたけし怒りのコメント【全文】正論な発言で称賛の声|まとめ

今回の会見では、吉本興業の裏側が見えてきて、今後まだ、いろんな動きがありそうな気配ですね。

明石家さんまさんは、ご自身が経営する芸能事務所に入れたいなどと発言したり、松本人志さんは事務所側へ何らかのアクションを起こしたなどの報道もあります。

今後の動向にも注目です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)