ワイドナショー生放送|宮迫会見に松本人志のコメントや岡本社長面談内容の詳細とは

こんにちは、ばーしーです。

松本人志さんが、さっそく動きを見せました。

当初、収録での放送でありましたが、2019年7月20日(土)の宮迫博之さんと田村亮さんの会見を受け、2019年7月21日(日)の放送は急遽生放送となりました。

この記事では、どのような経緯で生放送となったのか、そして、生放送では何が語られたのかを紹介していきます。

ワイドナショー緊急生放送の経緯とは

2019年7月20日(土)の宮迫博之さんと田村亮さんが吉本興業の主催ではなく、個人の主催として記者会見を行いました。

個人の会見開催ということで、慣れない部分もあったかと思います。

50人ほどのキャパしかない会場に対して、緊急の記者会見ということにも関わらず、約300人もの記者が押し寄せ、それに激怒する記者もいたそうです。

先程の動画を見ればすぐに分かりますが、宮迫博之さんと田村亮さんの焦燥感は相当なものを感じましたね。

また、会社という組織は、最終的には個人はどうでもよくなるものなんだと改めて感じました。

これは吉本興業だけに起きていることではなく、どこの会社員であっても、最終的にはこのようになる世の中だということを知っておく必要があると思います。

この会見を受け、松本人志さんはこのようなツイートをされました。

松本人志さんは、宮迫博之さんに対して、TVを通じてのコメントは厳し目でした。

不倫の時に中途半端にしたのが、いけなかった。ごまかせたから、今回もと思ったんだろう

不倫の時も、言い訳がダサいと言ったんだけどね

でも、宮迫博之さんが松本人志さんに謝罪の電話をした際に、このようにお話されたそうです。

休んでいる間、お前の出ている(た)番組、ノーギャラでも出たるから

松本人志さんの兄貴感を感じるエピソードに、多くの人が感動したかと思います。

このような思いもあって、先程紹介したようなツイートに結びつき、早速、吉本興業社長とミーティングをしたそうです。

そして、2019年7月21日(日)の生放送を迎えました。

ワイドナショー生放送で松本人志が語った宮迫会見と吉本興業の問題とは

松本人志さんは、会見を仕事の合間に見ていたそうで、思ってたよりもハードでコレは無視できないなと感じたそうです。

また、既に収録済みの内容では、会見をすることを想定していない内容でちぐはぐ過ぎたため、生放送ということになったそうです。

松本人志さんは当初から、誰もお金をもらってないという説明は無理で、世間からは絶対に納得してもらえないと伝えたそう。

ですが、何度も連絡してもややこしくなるので、連絡するのをやめました。

そして、昨日の会見を見て、説明を受けてたけど、知らない事実があまりも多すぎて、それは松本人志さんご自身も騙されてたんじゃないのかと思うぐらいで、このままでは吉本興業が潰れてしまうかもという危機感を感じたそうです。

松本人志さんは、吉本興業を時代を読めてない会社とも表現されていました。

吉本興業は、日本を楽しませる会社であるのにも関わらず、吉本芸人がみんな笑ってないし、笑わせてない。

昨日の会見で吉本興業の本質が明らかになりましたが、本来は芸人ファーストでないといけない。

松本人志さんは、お金をもらったと分かったタイミングで、静観しますという吉本興業の態度に、このように反応したそうです。

僕は吉本興業に居たくないです

すると、翌日に謹慎が発表され、松本人志さんの発言で結果的に対象となった芸人を、追い込んだ結果と思い悩んだというエピソードも語られました。

昨日の吉本興業との面談では以下について、発言をしたそうです。

  • 芸人のギャラの問題
  •  会社が変わらないといけない
  •  岡本社長に会見をやるべき

会社が変わるための具体策として、吉本興業内にもう一つ松本興業のようなものを作って、イエローカード芸人を集めて生かせる仕組みを作ろうと提言したそうです。

これについては、すぐに実現するような動きになっているそうです。

松ちゃんの迅速な後輩思いな行動にネットの声は?

松本人志さんの迅速な行動に、ネットからは称賛の声が多数聞こえてきます。

【ワイドナショー生放送】宮迫会見に松本人志のコメントや岡本社長面談内容の詳細とは|まとめ

松本人志さんのこの迅速な行動には、多くの人が感動させられたかと思います。

松ちゃんを始め、明石家さんまさん、北野武さんらもこの宮迫博之さん、田村亮さんらの一連の動きに関して、非常に大きな問題であると捉えています。

まだまだ問題収束までは時間がかかりそうですので、動きを注視していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)