明石家興行移籍の宮迫博之は身勝手でずるい?問題未解決での復帰計画に卑怯で汚いの声

こんにちは、ばーしーです。

宮迫博之さんが吉本興行との契約解除が撤回され、どうなるかと思っていたところ、結果的にすぐに手を差し伸べた明石家さんまさんの事務所に入る意志を固めたなどの報道がありました。

一体どうなっているのか、詳細をチェックしていきましょう。

宮迫博之が出直しの明石家興行とは?明石家さんまの事務所「オフィス事務所」へ移籍?

もう毎日目まぐるしくて、なにがどうなっているのかしっかりと見ておかないと、分からなくなってしまいますね。。

スポニチが本日2019年7月25日にこのように報道しています。

 雨上がり決死隊の宮迫博之(49)が“明石家興業”での出直しを希望していることが24日分かった。明石家さんま(64)の受け入れ申し出に前向きで、関係者は「もう気持ちを切り替えている。新たな場所でやっていきたいと気持ちを固めたようだ」と明かした。契約解消の処分が解除となった吉本興業からの復帰ラブコールには応えない方向。

スポニチ本紙の取材によると、さんまは宮迫らが契約解消となった19日に岡本社長と話し合い、「うちで預かる」と申し出ていた。自身は吉本所属だが、税務対策として個人事務所「オフィス事務所」を構えており、ラサール石井(63)や村上ショージ(64)らが所属することでも知られる。さんまは宮迫とフジテレビ「さんまのお笑い向上委員会」などで共演し、ツッコミもボケもMCもできる器用なお笑いのセンスを高く評価してる。

一方で宮迫は、20日の会見後、吉本が批判にさらされていることに胸を痛めているという。周囲によると「現在の報道は、会見での詐欺被害者の方への謝罪という思いが伝わっておらず告発みたいになっている。吉本があれだけ責められているのも不安しかない」と話していたという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190725-00000115-spnannex-ent

明石家興行という表現がありますが、実際の名前ではなく、明石家さんまさんの個人事務所であるオフィス事務所のことを指しています。

明石家さんまさんは、宮迫博之さんが会見を開く前に、ラジオの収録で、個人事務所であるオフィス事務所で、宮迫博之さんと契約の意向を話されていました。

いち早く、獲得に向けて動いたということもあり、今回のスポニチの報道には、自然な流れを感じました。

ただ、現在の世の中の興味が、宮迫博之さんの反社会的勢力への闇営業の話が、解決することなくどこかへ行き、いつのまにか吉本興業のお家騒動へと発展しています。

このような状況から、ネットからこんな声が聞こえてきます。

宮迫博之の闇営業問題はどこへ?復帰は時期尚早で、ずるい、卑怯、勝手、汚いなどネガティブな意見も

そもそもの問題が解決していなく、また、問題がいつの間にかすり替わっていることから、ネットではこのような声が聞こえてきます。

明石家興行移籍の宮迫博之は身勝手でずるい?問題未解決での復帰計画に卑怯で汚いの声|まとめ

確かに、自身が起こした問題があらゆる大御所芸人に飛び火し、日に日に問題が拡大化している状況で、自分は復帰の準備を勧めているということは、少し身勝手な気もします。

ただ、今回の報道は、どのような裏取りがあるのか、ソースなど不明瞭です。

真相はどうなのでしょうか。

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)