最新版【幸楽苑】閉店の51店舗どこ?|リスト一覧(都道府県・地方別)

ラーメンチェーンの「幸楽苑」が、年末年始にかけて多くの店を閉店することが発表されました。

こちらの記事では、閉店予定の店舗の最新情報についてまとめています。

最新版【幸楽苑】閉店の51店舗リスト一覧|都道府県まとめ

現時点でインターネット上で閉店が確認できているのは、こちらの店舗になります。

北海道

該当店舗なし

*2018年3月末に北海道内全店舗は撤退しています

青森県

現在確認中

秋田県

現在確認中

岩手県

・前沢店

宮城県

・エクセレント ザ・モール仙台長町店

・イオン仙台幸町店

山形県

現在確認中

福島県

現在確認中

茨城県

現在確認中

栃木県

・佐野店

群馬県

・館林アゼリアモール店

埼玉県

・三郷店

千葉県

・市原五所店

東京都

現在確認中

神奈川県

現在確認中

新潟県

・巻店

福井県

現在確認中

長野県

現在確認中

静岡県

・裾野店

・プレ葉ウォーク浜北店

愛知県

・豊橋下地店

・師勝店

・知立店

・碧南篠山店

・一宮三条店

・名古屋荒中店

・名古屋浜田店

・名古屋池場店

・春日井篠木店

・蒲郡市役所通店

・豊田御立店

・岡崎東店

・岡崎矢作店

・イオンモール扶桑店 

岐阜県

・各務原店

・大垣中野町店

・岐阜大福町店

三重県

・桑名店

・四日市日永店

・鈴鹿神戸店

滋賀県

現在確認中

京都府

現在確認中

大阪府

現在確認中

奈良県

現在確認中

和歌山県

現在確認中

鳥取県

現在確認中

兵庫県

現在確認中

島根県

現在確認中

岡山県

現在確認中

広島県

現在確認中

山口県

現在確認中

徳島県

該当店舗なし

香川県

該当店舗なし

愛媛県

該当店舗なし

高知県

該当店舗なし

福岡県

該当店舗なし

佐賀県

該当店舗なし

長崎県

該当店舗なし

熊本県

該当店舗なし

大分県

該当店舗なし

宮崎県

該当店舗なし

鹿児島県

該当店舗なし

沖縄県

該当店舗なし

最新版【幸楽苑】閉店の51店舗リスト一覧|地方別まとめ

現時点で、閉店が発表されているのは合計51店舗になります。

閉店する全ての店舗名が確認できておりませんが、地方別の閉店店舗数は以下のようになっています。

  • 2019年12月:東北2店舗、関東6店舗、北陸甲信越1店舗、東海21店舗
  • 2020年1月:東北1店舗、関東2店舗、東海4店舗
  • 2020年2月:東北2店舗、関東5店舗、東海2店舗、関西3店舗
  • 2020年3月:関東1店舗
  • 2020年4月:関西1店舗

東北地方

合計5店舗(前沢店、エクセレント ザ・モール仙台長町店、イオン仙台幸町店 他2店舗)

関東地方

合計14店舗(佐野店、館林アゼリアモール店、三郷店、市原五所店 他11店舗)

北陸甲信越地方

合計1店舗(巻店のみ)

東海地方

合計27店舗(裾野店、プレ葉ウォーク浜北店、豊橋下地店、師勝店、知立店、碧南篠山店、一宮三条店、名古屋荒中店、名古屋浜田店、名古屋池場店、春日井篠木店、蒲郡市役所通店、豊田御立店、岡崎東店、岡崎矢作店、各務原店、大垣中野町店、岐阜大福町店、桑名店、四日市日永店、鈴鹿神戸店、イオンモール扶桑店 他5店舗)

関西地方

合計4店舗

【幸楽苑】閉店後の51店舗はどうなる?

幸楽苑としての業態を閉店するということですが、その後は、どうなるのでしょうか。

完全に閉店して、そのエリアから撤退するという店舗もあるかもしれませんが、業態変更して再挑戦するという話もあります。

幸楽苑が所属するグループとしては、以下の店舗も経営しています。

  • かつや(カツ丼チェーン)
  • からやま(からあげチェーン)

いずれも低価格でありながら、安定した味で特にサラリーマンに大人気のお店となっています。

もしかすると、エリアによっては「かつや」や「からやま」の方が喜ばれるかもしれませんね。

【幸楽苑】51店舗の閉店の本当の理由は?

幸楽苑が51店舗を閉鎖した理由としては、以下のような話があります。

 19年10月の台風19号で起きた水害により郡山工場(福島県)が操業停止した結果、約250店舗への食材供給がストップ。この経験を踏まえ、「いかなる局面でも利益を確保しうる利益体質の構築」を進めると説明しています。

低収益店舗の撤退で、高収益店舗への人材配置、労務環境の改善、働き方改革を推進。出店地域は縮小するものの、閉店対象の地域に関連する広告費や物流費などのコスト削減を見込む上、配置替えによる人材の有効活用が可能となることから、収益率は向上するとしています。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200106-00000059-it_nlab-bus_all

この記事を見る限り「選択と集中」ということであると感じます。

選択と集中とは
多角化が進展している企業において自社の得意な事業領域(コア事業)を明確にし、経営資源を集中的に投下する戦略のこと。 ノンコア事業に位置づけられた場合、売却などの検討もされる。

引用:https://www.nihon-ma.co.jp/columns/glossary/concentrationincorecompetence/

日本国内の多くの企業が、人材確保に非常に苦しんでおり、幸楽苑も同じ状況であったと思われます。

そのため、不採算店舗については早く諦め、業態変更や閉店をすることで、数少ない人材リソースを人気店舗へ配置転換するようですね。

最新版【幸楽苑】閉店の51店舗どこ|リスト一覧(都道府県・地方別)|まとめ

ラーメンチェーンの「幸楽苑」が、年末年始にかけて多くの店を閉店することが発表されました。

現時点では閉店する全ての店舗が明らかになっていません、合計で51もの店舗が閉店となるようです。

引き続き調査し、更新していきます。

1 Comment

碧(Ao)

神奈川は
平塚店が閉店これは確実
あと厚木店も別店舗になったとの情報ありです〜

返信する

碧(Ao) にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)