Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/hoikoro/bar-sea.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

【動画】SixTONES『Imitation Rain』歌詞”紅に染まるまで”の意味解釈は?

2019年11月27日放送の「日テレ系音楽の祭典 ベストアーティスト2019」で、SixTONESのデビュー曲である『Imitation Rain』が初披露となり、早速話題となっています。

【動画】SixTONES『Imitation Rain』がYOSHIKIらしさ全開

YOSHIKIさんプロデュースによるSixTONESのデビュー曲『Imitation Rain』が、2019年11月27日放送の「日テレ系音楽の祭典 ベストアーティスト2019」で初披露となりました。

YOSHIKI節が炸裂していて、全くごまかしがきかない曲がデビュー曲となったということもあり、ファンの間では驚きの声がありながらも、多くの方が感動されている様子でした。

このSixTONESのデビュー曲『Imitation Rain』の歌詞には、いったいどんな意味が込められているのでしょうか。

SixTONES『Imitation Rain』のタイトルの意味・解釈は?

タイトルである『Imitation Rain』の「Imitation」にはこのような意味があります。

①模造品。偽物。 「 -のダイヤ」
②模倣すること。まね。

引用:https://www.weblio.jp/content/%E3%82%A4%E3%83%9F%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3

これを踏まえると『Imitation Rain』というタイトルは、「偽物の雨」や「作られた雨」といった意味と解釈すればよいのでしょうか。

SixTONES『Imitation Rain』の歌詞の”紅に染まるまで”の意味・解釈は?

曲中に「紅に染まるまで」という言葉があります。

YOSHIKIさん作詞で、この言葉を聞いて思い出されるのは、X JAPANの「紅」です。

X JAPANの「紅」は、ご本人は言及されていないものの、YOSHIKIさんが父親を思って書いた曲と言われています。

YOSHIKIさんにとって非常に大切な「紅」を彷彿させるような歌詞に、YOSHIKIさんのSixTONESに対する愛を感じずにはいられません。

「紅に染まるまで 雨に打たれて」というのは「命尽きるまで 偽物の雨に打たれ続ける」という解釈になるのでしょうか。

つまり、周囲のいろんなものに踊らされることなく、自分たちの信じた道を進めばいい。

というYOSHIKIさんからSixTONESへの熱いメッセージなのかもしれませんね。

SixTONES『Imitation Rain』にネットの声は

【動画】SixTONES『Imitation Rain』歌詞”紅に染まるまで”の意味解釈は?|まとめ

2019年11月27日放送の「日テレ系音楽の祭典 ベストアーティスト2019」で、SixTONESのデビュー曲である『Imitation Rain』が初披露となりました。

作詞作曲はYOSHIKIさんで『Imitation Rain』では「紅に染まるまで」という、なにかX JAPANの「紅」を彷彿させるような歌詞が含まれており、話題となっておりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)