乃木坂46『I see…』作曲者は誰?SMAP感の理由は林田健司風な曲調?

2020年3月18日乃木坂46の25thシングル『しあわせの保護色』初回仕様限定盤Type-Dのカップリングに収録される『I see…』のMVが公開され、早くも話題になっています。

特にこの『I see…』がSMAP感があると話題になっています。

いったい誰が作曲や編曲を手掛けているのでしょうか。

乃木坂46『I see…』MV公開に”SMAP感”の声

まずは改めて『I see…』のMVを見ていきましょう。



なんとも懐かしさを感じる『I see…』に、多くの方がこのような反応をされていました。

たくさんの方が 乃木坂46の『I see…』を聞いて、どこか”SMAP感”を感じているようでした。

いったいなぜ”SMAP感”を感じてしまうのでしょうか。

乃木坂46『I see…』作曲者は誰?”SMAP感”ではなく”嵐感”?

『I see…』の楽曲制作に関わっているのは、こちらの方々でした。

  • 作詞:秋元康
  • 作曲:youth case

作曲はyouth caseでした。

youth caseは、2005年8月に結成された幼なじみ二人による楽曲制作ユニットです。

曲作り、言葉選び、トラック制作まで全て共同作業というスタイルで活動されており、以下のような楽曲を手掛けています。

  1. 嵐『Love so sweet』
  2. 嵐『ふるさと』



嵐には、上記2曲を含む合計11曲の楽曲提供をしており、どちらかというと「嵐感」なのかもしれませんね。

嵐の他にも、このような曲がyouth caseの作曲によるものです。

日向坂46『好きということは… 』



SKE48『ソーユートコあるよね? 』



中孝介『Missing』



乃木坂46『I see…』が”SMAP感”ある理由や原因は”林田健司感”?

多くの方が「SMAP感」と表現していたのに対し、コアなファンの方たちはこのような表現をされていました。

林田健司さんは、SMAPの以下の楽曲を作曲していました。


画像出典:芸能人の嫁.com

  1. 「$10」(作曲)
  2. 「君色思い」(作詞・作曲)
  3. 「KANSHAして」(作曲)
  4. 「青いイナズマ」(作曲)

多くの方は、このあたりの楽曲とリンクして、SMAP感を感じたのかもしれませんね。

林田健司さんは、SMAPの他にも、関ジャニ∞、タッキー&翼、KinKi Kids、ABC-Zにも楽曲提供をされています。

しかし、Twitterトレンドになるほど『I see…』から『SMAP感』を感じた方が多かったのは、何か制作サイドで意図したことなのでしょうか。

乃木坂46『I see…』の”SMAP感”にネットの声は

乃木坂46『I see…』作曲者は誰?SMAP感の理由は林田健司風な曲調?|まとめ


画像出典:endia.net

2020年3月18日乃木坂46の25thシングル『しあわせの保護色』初回仕様限定盤Type-Dのカップリングに収録される『I see…』のMVが公開され、なんだか”SMAP感”があると話題になっています。

作曲したのはyouth caseでした。

youth caseは、嵐には11曲も楽曲提供していますが、SMAPに楽曲提供したことはありませんでした。

しかし、作曲者が誰であれ、『I see…』からは、非常に懐かしさを感じる非常に良い曲ですね。

2 Comments

みき

検索すると作曲はシライシ紗トリさんと出ますが。SMAPの曲を何曲か書いてる方みたいですがどーなのでしょうか?

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)