悠仁様刃物事件の犯人が逮捕された平塚のホテルはどこ?京都に戻らなかった理由とは

こんにちは、ばーしーです。

平成のうちに捕まって、本当に良かったです!

逮捕されたのが、京都に住む56歳の男性(自称 長谷川薫)とのことですが、この犯人、一体どんな人物で、平塚市内のどこのホテルで逮捕となったのでしょうか?

悠仁様の席や時間割の内通者は誰?内部犯行?情報提供した理由とは

悠仁様刃物事件の犯人がスピード逮捕!

2019年4月27日に、日本列島を震撼させるような事件が発生しました。

この平成が終わり、令和が始まるタイミングを狙った犯行に、誰もが犯人に怒りを覚えたと思います。

その国民の思いを背負った警察が、本日2019年4月29日に犯人をスピード逮捕しました。

お茶の水女子大付属中学校(東京都文京区)で、秋篠宮家の長男悠仁さま(12)の机に包丁が置かれた事件で、警視庁は29日、京都府内の50歳代の男について、潜伏先の神奈川県平塚市内のホテルで身柄を確保し、建造物侵入容疑で逮捕した。

この建造物侵入容疑の他に、どんな容疑で立件されていくのでしょうか。

しかし、この容疑者はなぜ平塚にいたのでしょうか?

悠仁様刃物事件の犯人が逮捕された平塚のホテルはどこ?

2019年4月26日に東京の文京区で犯行に及んだ犯人は、なぜ2日経過した今日、神奈川県平塚市に潜伏していたのでしょうか。

居住地は京都であると発表されています。

それなのに、まだ関東圏に潜伏していたということは、2019年4月30日や5月1日の式典においても、何か行動をするつもりだったからなんでしょうか。。

また、このスピード逮捕の裏には、現代社会における監視カメラの精度が高まっていることや、もともとマークされていた人物だったんではないかとも推測されます。

逮捕された平塚のホテルについて、具体的な名前は開示されておりませんが、以前にも殺人犯が潜伏していたことがあったことから、東横インかな?とツイッターや2ちゃんねる上で囁かれています。

その後のテレビの報道で、ホテル名さえ明確には言いませんが、画像を見るに東横イン湘南平塚駅北口であることが間違いないようです。

悠仁様刃物事件の犯人が逮捕!どんな人物像?

どうやらこの56歳の犯人(自称 長谷川薫)は、エヴァンゲリヲンが大好きな人物では?と言われております。

今回、悠仁様の机に置かれた刃物について、新聞各紙ではこのように報道されています。

「棒状のものにテープで巻き付けられた刃物2本が、悠仁さまの机と隣の机にまたがるように置かれていた。刃の部分はピンク色に塗られていた」(朝日、以下いずれもウェブ版)
「2本の刃物は長さ約60センチの棒の先にテープで固定されていた。果物ナイフとみられ、刃はピンクに塗られていたという」(毎日)
「刃の部分がピンク色に塗られた果物ナイフのような2本の刃物が、アルミ製の棒に粘着テープで固定された状態で、悠仁さまの机と隣の机にまたがるような形で置かれているのが見つかった」(産経)

このような状況から、エヴァンゲリヲンに登場する「ロンギヌスの槍」のオマージュではないかと一部の人から言われています。

悠仁様刃物事件の犯人が逮捕された平塚のホテルはどこ?まとめ

平成のうちに逮捕されて、本当に良かったです。

このまま逮捕されていなければ、2019年4月30日や5月1日の式典においても、何か起きていたかもしれません。

でも、この犯行は一人でできるものとは思えません

今後、逮捕となった犯人からは、どんな動機や、背後に潜むものが語られるのでしょうか。

悠仁様の席や時間割の内通者は誰?内部犯行?情報提供した理由とは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)