Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/hoikoro/bar-sea.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

最新版【いきなりステーキ】都道府県別”閉店”全74店舗リスト一覧

2020年2月26日、ステーキ店「いきなり!ステーキ」を展開するペッパーフードサービスは、2020年中に「いきなり!ステーキ」74店を閉店すると発表しました。

こちらの記事では、閉店予定の店舗の最新情報についてまとめています。

【いきなりステーキ】2020年中に74店舗が閉店へ

2019年12月の年末年始もステーキ専門店「いきなり!ステーキ」が大量閉店となりました。

2020年2月26日の発表では、閉鎖する店の内訳について以下のような説明がありました。

  • 閉店は全部で74店舗
  • 年末年始の閉店の44店舗も上記に含む
  • 直営と委託の48店
  • フランチャイズ加盟店は26店

今回新たに閉店となった店舗はどこなのでしょうか。

最新版【いきなりステーキ】都道府県別”閉店”全店舗&閉店日リスト一覧

現時点でホームページ上で閉店が発表されているのは、こちらの店舗になります。

北海道

2020年1月13日閉店

・釧路店

・苫小牧店

2020年1月31日閉店

・フレスポ函館戸倉店

青森県

2020年1月31日閉店

・弘前ヒロロ店

秋田県

2020年1月13日閉店

・秋田横手店

岩手県

2020年1月13日閉店

・フレスポ一関店

宮城県

閉店店舗なし

山形県

2020年1月13日閉店

・米沢万世町店

・山形東根店

福島県

2020年1月13日閉店

・郡山栄町店

茨城県

2019年12月31日閉店

・石岡店

2020年1月31日閉店

・筑西玉戸店 

栃木県

2020年2月2日閉店

・栃木箱森店

群馬県

閉店店舗なし

埼玉県

2020年1月13日閉店

・行田店

・アクロスプラザ三芳店

千葉県

2020年1月13日閉店

・我孫子店

・千葉こてはし店

・千葉誉田店

2020年1月31日閉店

・イオンモール千葉ニュータウン店 

東京都

2020年1月13日閉店

・銀座六丁目

・新橋店

・虎ノ門店

・国立店

神奈川県

2020年1月13日閉店

・鶴ヶ峰店

・足柄店

・横浜元町店

新潟県

2020年1月13日閉店

・三条東新保店

・新潟青山店

福井県

2020年1月13日閉店

・福井種池店

長野県

2020年1月13日閉店

・フレスポ大町店

飯田店

静岡県

2019年12月31日閉店

・浜松三島店

2020年1月13日閉店

・浜松プラザフレスポ店

愛知県

閉店店舗なし

岐阜県

閉店店舗なし

三重県

閉店店舗なし

滋賀県

閉店店舗なし

京都府

閉店店舗なし

大阪府

閉店店舗なし

奈良県

2020年1月13日閉店

・ヒルステップ生駒店

和歌山県

2020年1月13日閉店

・和歌山永穂店

鳥取県

閉店店舗なし

兵庫県

2020年1月13日閉店

・神戸北泉台店

島根県

閉店店舗なし

岡山県

2020年2月2日閉店

・倉敷中畝店

広島県

2020年1月31日閉店

・福山新涯店

山口県

閉店店舗なし

徳島県

閉店店舗なし

香川県

閉店店舗なし

愛媛県

2020年1月13日閉店

・フレスポ西条店

・フレスポ大洲店

2020年1月31日閉店

・今治店

高知県

閉店店舗なし

福岡県

閉店店舗なし

佐賀県

閉店店舗なし

長崎県

閉店店舗なし

熊本県

閉店店舗なし

大分県

2019年12月22日閉店

・大分駅前店

宮崎県

閉店店舗なし

鹿児島県

閉店店舗なし

沖縄県

閉店店舗なし

【いきなりステーキ】2020年中に大量74店舗の閉店理由はなぜ?

なぜ「いきなり!ステーキ」はこれほどまでに店舗縮小をする必要があったのでしょうか。

「いきなり!ステーキ」は2018年に店舗を急拡大しています。

  1. 2013年 銀座に1号店
  2. 2014年 30店舗
  3. 2015年 77店舗
  4. 2018年 397店舗

一瀬邦夫社長としては、1000店舗を目標に、店を増やしていっていたようですが、これが仇となったようです。

「限られた店舗数だと希少性があり、物珍しさから客が集まっていました。しかし店の数が増えたことで、真新しさがなくなってしまった。各店舗の距離が近くなり、自社の店同士で客を奪い合うという状況も生まれたんです」

引用:https://friday.kodansha.co.jp/article/90037

まだ店舗が少なかった時期は、珍しさから来店する人もいましたが、急拡大すると、次第にこのようなことになっていきました。

今回の大量74店舗の閉店により、お客さんを奪い合うことなく、レアさが出て、業績回復となるのでしょうか。

最新版【いきなりステーキ】都道府県別”閉店”全店舗リストまとめ

「いきなり!ステーキ」が店舗縮小という非常に悲しいニュースが入ってきましたね。

しかし、よく行かれていた店舗が閉店となってしまっても、全国には「いきなり!ステーキ」店舗がまだまだあります。

また、他のエリアなどへの出店計画はあるかと思いますので、そのニュースを楽しみに待ちましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)