Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/hoikoro/bar-sea.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

女子プロ野球|高坂峰子(加藤峰子)の喫茶店アラビヤはどこ?【激レアさん】

こんにちは、ばーしーです。

「激レアさんを連れてきた。」面白いですよね〜〜

毎回その名の通り今まで見たことがないような激レアな人物を紹介してくれます。

そして、2019年4月20日放送では、昭和20年代に盛り上がっていた幻の女子プロ野球で活躍していたある選手が登場し、話題になっています!

さっそくチェックしていきましょう!

激レアさん|女子プロ野球のほぼイチローは誰?ミミーこと高坂峰子(加藤峰子)

2019年4月20日放送の「激レアさんを連れてきた。」で、かつて絶大な人気を誇っていた幻の「女子プロ野球で打率5割以上打っていた、ほぼイチローの人として登場した高坂峰子さん(現在はご結婚されて加藤峰子さん)。

高坂峰子さん(加藤峰子さん)は、大阪で初めて誕生した女子プロ野球チーム「大阪ダイヤモンド」に、昭和25年に入団に、ファンからは「ミミー」と呼ばれていたそうです。

当時の人気は非常に高く、メンバー紹介のパンフレットの表紙を飾ったり、相当数のファンレターが届くようなスター選手だったようですよ。

激レアさん|女子プロ野球は会いに行けるアイドル方式だった?

女子プロ野球は、野球の勝敗は二の次、応援団による派手なアトラクションや、試合間の寸劇などのエンタテインメント性を追求するものとして成り立っていたそうです。

「女子プロ野球」の選手たちは、今で言う「会いに行けるアイドル」に近い存在として、ファンから愛されていたようです。

女子プロ野球の盛り上がりは非常に短命でありましたが、試合スケジュールは選手の健康など度外視した過密なものであったようです。

それなのに女子プロ野球の選手の給与は、決して高いものとは言えないレベルであったそうですが、誰も文句を言わなかったそうです。

それは、自分の大好きな野球に打ち込めるという環境だけで満足していたことからのようです。

現代社会ではやり甲斐搾取とも取られかねない話ですが、当時の社会情勢を考えても、遠征費や試合に係る経費や、下宿先の提供など球団が面倒を見てくれているだけでも、十分な見返りであったと当事者は考えていたそうです。

女子プロ野球が衰退していったのは、球団を経営している母体が強くなかったことや、ショービジネスとしての魅力の低さや、そもそもの野球の実力など、様々な問題があったようですが、いつしか、女子プロ野球連盟の中でも内紛が起き、エンタテイメント性を推進するショーアップ派と、純粋に野球の魅力で惹きつけようとする健全スポーツ派の対立がエスカレートして、その後、分裂してしまったそうです。

連盟が分裂後も、姿を変えて存続をしていたようですが、高度成長期途中に見捨てられ、完全に消えてしまうことになったそうです。

激レアさん|女子プロ野球・高坂峰子(加藤峰子)が女将の喫茶店アラビヤはどこ?

昭和20年代の女子プロ野球チームである大阪ダイヤモンド、シスターズ、スターズで活躍したミミーこと高坂峰子さん(加藤峰子さん)は、大阪で喫茶店の女将をやっているそうです。

今も、会いに行けるアイドルですね。

アラビヤコーヒー

大阪府大阪市中央区難波1-6-7
大阪市営地下鉄御堂筋線「なんば駅」14番出口から徒歩2分
大阪難波駅から253m

女子プロ野球|高坂峰子(加藤峰子)の喫茶店アラビヤはどこ?【激レアさん】まとめ

女子プロ野球の絶頂期当時は、非常に高い人気を誇っていたようです。

ショービジネスととしての要素が強かったとも聞きますが、可愛い女子を生で見たいという気持ちはいつの時代も同じで、それで興業が成り立つことを改めて感じましたね。

今度の大阪出張では、アラビヤコーヒーに寄らせていただきたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)