【動画】WBSS井上尚弥のドネア戦判定勝ちに海外の反応は?英専門誌の予想が的中?

2019年11月7日、階級最強決定トーナメント「ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)」のバンタム級決勝が行われ、井上尚弥さんが判定勝ちを収めました。

こちらの記事では、その試合見たひとたちの感想を海外の反応と交えながらお伝えしていきます。

消えた天才|井上尚弥が完敗した相手(日本人)は誰?林田太郎が勝てた理由とは 【画像】井上尚弥vsドネア|HIKAKINで集中できない?テレビ中継で抜かれすぎ? WBSS決勝|井上尚弥のノニト・ドネア戦のレフェリーは誰?なぜ審判はKO判定しなかった?

WBSSバンタム級決勝で井上尚弥がドネアに判定勝ち!

井上尚弥さんらしい戦いぶりに、日本中が歓喜に湧いています!

36歳で40勝(26KO)5敗のドネアと、26歳で18勝(16KO)の井上尚弥選手。

ドネアは全盛期を過ぎているとは言え、まだまだ一発の強さを持っているため、試合前から井上尚弥さん優勢の声も聞かれましたが、どうなるかと多くの人が期待をしながらも、心配した面持ちでテレビの前で試合を見ていたと思います。

親交がある布袋寅泰さんからも音楽のサポートがあり、布袋寅泰さんの代表曲である「BATTLE WITHOUT HONOR OR HUMANITY」のスペシャル・バージョン「バトル・オブ・モンスター」でこの日は入場しました。

「フィリピンの閃光」と称されるドネアの強烈な左フックを受け、流血しながらも、見事に期待に応えた井上尚弥さんは、やはり「モンスター」と言われるだけあって、独自の攻撃スタンス、流れで、ドネア優勢で試合が動くなか、11R にダウンを奪い、結果的に判定勝ちを収めることができました。

今回の結果を受けて、海外の反応はどんなものであったのでしょうか。

WBSSバンタム級決勝で井上尚弥の判定勝ちに海外の反応は?

今回のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)のバンタム級決勝戦は、英国最大の衛星放送「スカイスポーツ」、米国ではスポーツチャンネル「DAZN」が中継をするなど、世界的にも注目をされていました。

試合が行われる前、海外メディアはこのように反応されていました。

イギリス専門誌 

「ドネアが1、2ラウンドで蹂躙されるとは思わない」と恒例となった秒速決着に否定的な考えを示す一方、モンスターの代名詞となったボディショットで中盤KOを予想している。

「ロドリゲス、パヤノ、マクドネルのように1、2ラウンド以内で、ドネアが蹂躙させることはないと予想する。その可能性を自信を持って否定することは勇気が必要だ」

「ドネアにはチャンスがやってくるかもしれない。一回のチャンスだけで十分かもしれないが、彼は圧倒されるだろう」

「我々の予想はイノウエのボディショットでのKOだ。5回から7回の間だろう」

引用:https://the-ans.jp/news/92678/ 

このイギリス専門誌の予想通りドネアが井上尚弥選手に圧倒されることはありませんでしたが、結果的には最終ラウンドまで試合は続くことになりました。

試合後の海外メディアの反応については、このようなものがあります。

アメリカ・CBSスポーツ

「井上尚弥がドネアに立ち向かって、壁を乗り越え年間最高試合の候補となる一戦でバンタム級を統一」

「『モンスター』が、日本での戦いで右目の上をひどく切りながらも判定勝ちで生き延びた」

「不屈のレジェンドを相手に自らの偉大さを証明することを強いられた無敗の井上尚弥がWBSS決勝でバンタム級王座を統一し、現代における最高試合の1つを2人の共同作業で作り上げた」

アメリカ・ESPN

「“モンスター“井上尚弥は、ボクシング界の軽量級を恐ろしいばかりに支配し、これまで逆境に直面することはほとんどなかった。この夜、ドネアを相手についにその場面に直面したが、彼は傷を負わされながらチャンピオンらしく戦い抜いた。これは年間最高試合候補の一戦になる」

フィリピン・スター紙

「井上は強打とともに優れたボクシング選手だということを証明し、試合を通じてアグレッシブに戦い、フライ級、スーパーフライ級、バンタム級、スーパーバンタム級、フェザー級でタイトルを獲得してきたドネアを圧倒した。第11ラウンドにボディーショットでドネアをぐらつかせ、フィリピン選手(のドネア)からバランスを奪った。だが、ドネアは何とか立ち上がり、素晴らしい根性を示した。強烈な一撃を返して井上を揺さぶった」

イギリス・BBC

「パンチの強さから『モンスター』と呼ばれる日本の井上が攻撃を受ける瞬間があり、第2ラウンドの後に(右目に)切り傷を負った。フィリピンのドネアを(右ストレートで)第5ラウンドで仕留めそうに見えたが、第8ラウンドには逆にプレッシャーを受け、相手をダウンさせたのは第11ラウンドのボディーショットだけだった」

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191108-00010000-wordleafs-fight

このように海外からも称賛の声が集まる仲、今回の井上尚弥さんの勝利に、日本中のファンたちも興奮した様子で、歓喜の声が聞こえてきます。

WBSSバンタム級決勝で井上尚弥の判定勝ちにネットの声は?

ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝での井上尚弥さんの勝利にネットからはこのような声が聞こえてきます。

【動画】WBSS井上尚弥のドネア戦判定勝ちに海外の反応は?英専門誌の予想が的中?|まとめ

2019年11月7日、階級最強決定トーナメント「ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)」のバンタム級決勝が行われ、井上尚弥さんが、見事、RのTKO勝ちを収めました。

試合前に、イギリス専門誌では5〜7Rでの井上尚弥選手のKO勝ちを予想するなど、井上尚弥さん優位であるという声が多く聞かれました。

そんな状況であっても決して浮かれることなく、自分のボクシングで見事勝利を収め、世界に改めて”モンスター”井上尚弥の存在を知らしめる日となりました。

消えた天才|井上尚弥が完敗した相手(日本人)は誰?林田太郎が勝てた理由とは 【画像】井上尚弥vsドネア|HIKAKINで集中できない?テレビ中継で抜かれすぎ? WBSS決勝|井上尚弥のノニト・ドネア戦のレフェリーは誰?なぜ審判はKO判定しなかった?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)