WBSS決勝|井上尚弥のノニト・ドネア戦のレフェリーは誰?なぜ審判はKO判定しなかった?

2019年11月7日、階級最強決定トーナメント「ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)」のバンタム級決勝が行われました。

これまでの試合運びと全く異なり、井上尚弥さんが追い込まれる展開になるも、結果的に判定勝ちを収めました。

しかし、本来ならば、KO勝ちなのではと話題になっています。

【画像】井上尚弥vsドネア|HIKAKINで集中できない?テレビ中継で抜かれすぎ? 【動画】WBSS井上尚弥のドネア戦判定勝ちに海外の反応は?英専門誌の予想が的中? 消えた天才|井上尚弥が完敗した相手(日本人)は誰?林田太郎が勝てた理由とは

WBSS決勝|井上尚弥のノニト・ドネア戦の審判はKOしなかった理由はなぜ?

問題となっているのはこちらのシーンです。

こちらのシーンで問題視されているのは、以下のような点です。

  • ダウンしていないのにレフェリーが試合を止めた
  • そこからカウントを始めるまでに数秒あった
  • 合計すると10秒以上経過している
  • 審判が10カウントした後に立ちがっている

最終的に、井上尚弥さんが勝利を収めたからよいものの、万が一、ドネア選手が勝っていたとすると、世界的にも大きな問題であったと思われます。

海外メディアからもこのような反応があります。

「ドネアの顔に苦痛が浮かんでいたがレフェリーのアーネスト・シャリフはドネアにカウント内に立ち上がれるように可能な限りチャンスを与えた」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191108-00010000-wordleafs-fight

この大事な一戦で、このようなミスを犯したレフェリーはいったい誰なのでしょうか。

WBSS決勝|井上尚弥のノニト・ドネア戦のレフェリーの名前や過去の実績・経歴は?

今回、レフェリーを務めたのは、アメリカ人のアーネスト・シャリフさんになります。

レフリーとしてのキャリアや、これまでジャッジをしてきた試合などの詳細については確認はできませんでしたが、このような大舞台に抜擢されるレフェリーなので、実力を買われてのことであることは間違いないと思います。

そんなレフェリーでさえ、今回の息を呑む試合展開に、判断がブレてしまったということなのでしょうか。

ただ、今回のアーネスト・シャリフさんのジャッジに対して、著名人を始め、多くのひとたちから非難の声が聞こえてきます。

WBSS決勝|井上尚弥のノニト・ドネア戦のレフェリーのアーネスト・シャリフにネットの声は

今回のアーネスト・シャリフさんのジャッジに対して、ネットからはこのように厳しい声が聞こえてきます。

【WBSS決勝】井上尚弥のノニト・ドネア戦のレフェリーは誰?なぜ審判はKO判定しなかった?|まとめ

2019年11月7日、階級最強決定トーナメント「ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)」のバンタム級決勝が行われ、劣勢な試合展開になりながらも、井上尚弥選手が見事判定勝ちを収めました。

ただ、この試合を見ていたひとたちからは、本来であれば井上尚弥のKO勝ちではないかと言われています。

しかし、このようなビッグマッチの場合、試合をおもしろくする意味でも、このようなことは比較的あるような話もあります。

真相はどうなのでしょうか。

【画像】井上尚弥vsドネア|HIKAKINで集中できない?テレビ中継で抜かれすぎ? 【動画】WBSS井上尚弥のドネア戦判定勝ちに海外の反応は?英専門誌の予想が的中? 消えた天才|井上尚弥が完敗した相手(日本人)は誰?林田太郎が勝てた理由とは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)