Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/hoikoro/bar-sea.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

若槻千夏ZERO不適切コメントがモンスターペアレンツ過ぎ?子供を持つ親の発言として問題?

こんにちは、ばーしーです。

2019年7月21日、参議院選挙が行われました。

選挙ともなると、その夜は各局が選挙特番を放送しますよね。

今回のその選挙特番のなかでも、日本テレビ系の選挙ZEROに出演した若槻千夏さんのコメントがネットで盛り上がっています。

詳細をチェックしていきましょう。

ZERO選挙「教員不足特集」で若槻千夏が理不尽不適切コメント?

若槻千夏さんが2019年7月21日「zero選挙2019アナタに迫る!新時代の大問題」生放送に出演されました。

選挙の結果を中心に、新時代が抱える問題などについても触れられた番組でしたが、そのやり取りの中でネットを中心に、若槻千夏さんの発言が炎上しております。

問題となっているのは教員不足を特集したコーナーでのやり取りです。

教員が不足しているというのは、もはや説明不要レベルの周知された事実かと思います。

全国の小中の教員欠員数は1329人に登るそうです。

日本の教員というのは、世界で一番忙しいとも言われています。

現役の先生が日本の教員が抱える問題を解決する策について、以下のようなものを挙げられました。

  • 壊れた備品などを捨てる
  • いらないものを捨てる意識改革
  • 当り前をやめて行事を削減
  • 留守番電話等をつけて勤務時間外の対応をなるべくやめた

おそらく先生たちは、やるべきことと、やったほうがいいこと、やる必要のないことが、ごちゃごちゃになってしまって、業務過多になっている側面があるようです。

このやらなくていいものうち、最後の点の説明の際に、18時以降は電話に出なかったりしているという話をしていたときに、若槻千夏さんが炎上している問題の発言が出てきました。

若槻千夏ZERO不適切コメントがモンスターペアレンツすぎる?金八先生やごくせんの悪影響?

若槻千夏さんは、現役教師の「18時以降は電話に出なかったりしている」に対して、このように反応されました。


若槻千夏さん 「何かあったらどうするんですか?」

先生 「何かあったときは学校の役目では無くて、例えば、万引きがあったときは警察の役目ですし、他に何かあっても親の役目と思うんで。勤務時間を超えて教員がやるのは、今後無くなっていくんじゃないかなと。」

若槻千夏さん 「なんか寂しいですけどね。だって、もし子どもが帰ってこないって心配になって捜すけど、見つからなかった時には学校に電話するのが親だと思うんですよ。」

若槻千夏さん 「それも対応してくれないって事ですよね?」

先生 「対応って事は、警察が対応してくれますし…」

若槻千夏さん「寂しくないですか?だって、ごくせん見て育ったでしょ?みんな金八先生見たでしょ?心ですよ。そこはビジネス化したら駄目でしょ?」

先生 「そういう意見もあるんですけど…」

若槻千夏さん 「そういう意見もあるんですよ。それをしてるんじゃないよ!おかしい!おかしくないですか!おかしいじゃないですか?!」

先生 「金八先生のようなやり方をしてきたから、なり手がいなくなった」

若槻千夏さん 「いや、、、まだいるはず。そういう事は、そこが全てじゃないですよ」

若槻千夏さん 「(全国で留守番電話対応が広がっている事に)気持ちはわかりますけど、別に減らせばいいとこあるじゃないですか?そこじゃないと思う、私はそこじゃないと思う、すいません深夜に大きい声出して」


若槻千夏さんの子供を思う気持ちはよく理解できます。

ただ、先生に頼む問題と、そうではない問題をぐちゃぐちゃにしてしまっているように感じます。

さらに、例えがドラマというフィクションです。

このように理不尽な要求に対して、コメンテーターである先生はよく冷静でいられるなとリスペクトします。

こういう方は比較的多くて、対応には慣れてらっしゃるということなんでしょうか。。

今回の若槻千夏さんの対応を見て、視聴者からはこのようなコメントが集まっています。

若槻千夏が炎上?ZERO不適切モンペ恫喝発言にネットの声は?

今回の若槻千夏さんの発言に対して、ネットからはこのような声が聞こえてきます。

若槻千夏ZERO不適切コメントがモンスターペアレンツすぎる?子供を持つ親の発言として問題?|まとめ

若槻千夏さんの子供を思う気持ちはよく理解できます。

ただ、先生に求めることの線引きができていないという印象を受けました。

また、先生という職業が非常に過酷であるということも再認識しましたね。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)